愛だからいいのよ ブラック

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062114011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 914.6

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    子ども3人(一人は腹中)を連れて出て始まったユーヤとの生活。慰謝料上等!で調停にのぞみ、DNA鑑定を経てやっと離婚。そしてユーヤと結婚後、臨月妊婦(いつのまにか4人目)は新しい家族のための家を探す!「愛」に体力を!「幸せ」に筋力を!内田春菊最新エッセイ。

  • 母は強し。素直に愛に生きるって簡単なようで大変なこと。

    装丁も野田凪サンが手がけたらしく、最高!!!

  • 野田凪装丁。

  • 文句無く内田春菊好きなのだ。<br>文庫本になった漫画はほとんど持っている。<br>繁殖シリーズとか。<br>何と言うか、上3人の子供は全部父親が違うと言う凄い感じ。<br>結局、今の旦那がいい男なんで無事に過ごしているようですが。

  • ユーヤさんに会いたいと思いました。いつか芝居が観れるかな

  • ちょっとエッチでリアルな男と女の世界を描いたら右に出るものなし!(と私は思う〜)の漫画家内田春菊さんとダーリン貴山祐哉さん(俳優)のラブライフを綴ったエッセイ。
    読んでて照れくさくなっちゃうようなラブラブっぷりと、著者の潔い生き方に大いに共感!w
    ラブライフを成就させるのは努力、根性、お金?だけどやっぱり愛ですよね(*^^*)

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1959年長崎県生まれ。漫画家、小説家、俳優、歌手。1984年に漫画家デビュー。1994年『私たちは繁殖している』『ファザーファッカー』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。その他の作品に『南くんの恋人』『あなたも奔放な女と呼ばれよう』など。私生活では4人の子どもの母親(夫はいない)。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛だからいいのよ ブラックのその他の作品

内田春菊の作品

ツイートする