半落ち

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (260)
  • (451)
  • (623)
  • (62)
  • (7)
本棚登録 : 2500
感想 : 426
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062114394

作品紹介・あらすじ

「人間五十年」-請われて妻を殺した警察官は、死を覚悟していた。全面的に容疑を認めているが、犯行後二日間の空白については口を割らない「半落ち」状態。男が命より大切に守ろうとするものとは何なのか。感涙の犯罪ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ラストで泣きました。

  • 面白い!と、まあまあ…半分ずつ。
    オチは、そんなもんだろうと思う。が実際を考えると感慨深い。最後は目頭が…。職務と人間味の葛藤は辛いですよね。しかし、この本を読んでヒントを得たようなきがします!とても参考になりました!

  • 登場人物の物語を紡ぐ形で展開し、各々のストーリーは重厚で楽しめた。それに比べて結論は、そうなの?という印象。

  • いろんな視点からストーリーが進んでいくのは面白かったが、その視点で見ていく中でどんどん膨らんでいく「劇的な結末」への期待はちょっと裏切られたかなぁ。
    そこまで劇的ではなく、真実がわかり静かに終わった感想。
    そもそも田辺誠一さん目当てで映画を観るのに先に原作が読みたくて読んだのだが、なんとなく映像化してる方が面白そうだなと思うので今から映画見るの楽しみ。

  • アルツハイマーの妻を、殺害し逮捕された警察官を中心に、それに関わる、刑事、検察官、記者、弁護士などそれぞれの視点から物語が展開される。
    そのため、最後の最後まで、真相の糸口さえ伏せられている割に、間延びした印象を持たなかった。
    この点には、著者の構成の上手さを感じた。

  • 半落ちのまま進んでいく展開にモヤモヤしながらも、自分まで関係者になったかのように引き込まれます。
    いわゆる刑事もの、事件ものでは終わらない感動があります。
    素晴らしい作品だと思います!

  • 映画とか、まあ、評判なんで、いまさら言うことはありませんが、デビューからこの実力、たいしたものですね。

  • 現職警官の妻殺しから物語が始まる。謎として残る妻を殺害したあとの空白の2日間。なぜ彼は2日間さ迷い、死ではなくいきることを選んだのか。全てを明らかにするラストは謎が解ける心地好さの中に、生きることを選んだ彼の強い意思と切なさを感じる。是非一読いただきたい作品。

  • 病気の妻を殺してから自首するまでの空白の二日間。彼はいったいどこで何をしていたのか。犯行を自供しながらも頑なにその理由を語らない元警部。取調官、検察官、新聞記者、裁判官、弁護士、刑務官がそれぞれの立場からその謎を追う。 彼にあと1年生きようと思わせた理由は何なのか。それを知った時、なんとも切なく、そして胸があつくなりました。

  • 最後はじーんと来ます。
    人は絆によって、生かされている。

全426件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1957年東京生まれ。新聞記者、フリーライターを経て、1998年「陰の季節」で松本清張賞を受賞し、デビュー。2000年、第2作「動機」で、日本推理作家協会賞を受賞。2002年、『半落ち』が各ベストテンの1位を獲得、ベストセラーとなる。その後、『顔』、『クライマーズ・ハイ』、『看守眼』『臨場』『深追い』など、立て続けに話題作を刊行。7年の空白を経て、2012年『64』を刊行し、「このミステリーがすごい!」「週刊文春」などミステリーベストテンの1位に。そして、英国推理作家協会賞インターナショナル・ダガー賞(翻訳部門)の最終候補5作に選出される。また、ドイツ・ミステリー大賞海外部門第1位にも選ばれ、国際的な評価も高い。他の著書に、『真相』『影踏み』『震度ゼロ』『ルパンの消息』『ノースライト』など多数。

横山秀夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×