フライ,ダディ,フライ

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (528)
  • (415)
  • (750)
  • (25)
  • (5)
本棚登録 : 2449
レビュー : 507
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062116992

作品紹介・あらすじ

鈴木一、47歳。平凡なサラリーマン。破綻した世界を取り戻すための、ひと夏の冒険譚。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  お父さんの頑張りに、年なんて関係ないんだ、と

    思わせてくれます。気持ち。きっかけ。良い師。仲間。

    何にも変えられないもの。気持ち良い物語です。

  • 鈴木一(はじめ)は、大手家電メーカーの子会社で経理部長をつとめるサラリーマン。学生時代に知りあった妻と、17歳になるひとり娘が唯一の自慢である。ある日、そんな鈴木のもとに、娘が何者かに殴られ入院したという知らせが入る。娘を殴った相手は、ボクシングの高校生チャンピオンで、学校では品行方正で通っているという石原。復讐を決意した鈴木は、包丁を手に石原の通う高校を目指すが…。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    面白い!
    わかりやすい爽快感で読み終わったあとスッキリ!話の大筋は勧善懲悪だけど、設定がお父さんと、落ちこぼれ学校の生徒…っていうのが、私の好きなノリの話だった。
    テヘッて笑うな!
    っていうのかわいい。
    朴と鈴木の掛け合いがコミカルで読んでて楽しい。

  • 話の大筋は復讐劇だけどあまり暗すぎず、さえないおっさん鈴木の成長物語
    でもあるので読中感はいい。

    鈴木と舜臣の掛け合いに笑ったり、二人の深まる関係に泣きそうになったりした。
    前作に比べると舜臣以外のメンバーの出番は少ないものの、そつのない
    作戦や山下のヒキの最弱っぷりは健在で、ヒロシが元気そうなのもホッとした。
    今作は舜臣の出番が多かったからか、ハッとさせられたり、胸にグサッと
    くる名言が多かった気がする。

    平穏な日常のなかで突然、災難がふりかかったら、うまくたちまわることが
    できるのか自問せずにはいられない。

  • お父さんの頑張りが、今の自分に勇気を与えてくれた。
    お父さんが頑張っているのだから、自分も頑張ろう。
    純粋にそう思えた。

    韓国人の言葉で一番響いた言葉が、
    「自分を信じてあげられなくて誰が信じる、せめて自分だけでも信じてやれよ」
    という言葉である。
    自分を信じるということは非常に難しいように思うが、
    自分が信じてなければ、他人は信じるはずもない。
    せめて自分だけは、自分を信じてあげられる存在でありたい。

    何事にも目的を持って立ち向かう。
    想いは必ず通じる。
    そう思わせてくれる作品だった。

    お父さんのトレーニング期間中、お母さんは平然と振舞うのは大変だっただろう。
    お父さんのトレーニング期間中、遥は自分のために頑張ってくれてるお父さんのことが誇らしかっただろう。
    家族愛が崩れかけたときは、実際の世界でも良くあることだろうと思ったが、
    そこからの立て直しは、実際の世界ではあまりないと思われる。
    それは、逃げてしまう人が多いからだ。
    これは自分も含めてだが、困難を前にするとどうしても逃げたくなってしまう。
    「なんで自分にこんな災難が降りかかるのだろう」と。
    でも、災難は超えられる者にのみ降りかかる。
    これを如何に自分で乗り越えようと試みるかが、人生の幅を大きくする。
    そこで大切になるのが、自分と一緒に頑張ってくれる仲間だと思う。あるいは彼女。
    一緒に乗り越えてくれる仲間がいると、ここ一番の踏ん張りが利く。
    人間は弱いから、どうしても自分ひとりだと弱い部分が出てしまう。
    そこを出さないようにする仕組みの一つが仲間である。

    仲間がいるから頑張れる。
    切磋琢磨しながら頑張れる。
    自分ひとりで頑張るのではなく、
    みんなで頑張りをシェアしながらお互い高め合っていこう。

    「Happiness only real when shared.」
    どんどんシェアし合って、発信して、仲間をたくさん見つけよう!

    今後の目標は、フルマラソンで3時間20分を切ること。
    そして、100キロウルトラマラソンで、10時間半を切ること。
    そして、スパルタスロンを完走すること。

    さあ、今年一年走りまくるぞ!!!

    • SSSさん
      初めまして。

      お母さんも良い味だしてますね。

      走りまくってくださいー。
      初めまして。

      お母さんも良い味だしてますね。

      走りまくってくださいー。
      2010/06/05
  • 47歳の大手電機メーカーの子会社に勤める男性が主人公。
    17歳の娘が、インターハイで優勝するボクシング選手にレイプされそうになり、大ケガを負う。
    そこで主人公が会社を1ヵ月半休んで、落ちこぼれ高校の生徒とともに身体を鍛えまくり、最後にボクシング選手をボコボコにする。
    筋書はおもしろいが細かな表現が雑で、何より現実味がなかった。暇なときにさらっと読む本。

  • 青春

  • ゾンビーズシリーズ、映画化、おっさんと娘と在日少年とボクシング、相手がまた腹の立つ奴でぶん殴るという目的が気持ちの良いカタルシスを与えてくれる、そして泣ける

  • ゾンビーズシリーズ第二弾。
    娘の復讐のために闘うお父さんを描いた作品。しょぼくれたサラリーマンがストイックに
    トレーニングを重ね、ボクシングのインターハイ三連覇の男子高校生に勝負を挑みます。
    頑張る姿が微笑ましく、指導役の舜臣の魅力も満載。テンポ良く、明るく、面白かったが
    そもそもの始まりが気に入らない。娘の手を取らず、頼んでもいないのに仕返しに燃えて
    見舞いにも来ず「やっぱり男の子が欲しかったなぁ」なんて心でポツリ…ありえないです。
    男女の違いか、彼等と同化して読む事はないので、やはり嫁と娘に親近感を覚えますね。
    ぶちのめしてくれたらそりゃあ嬉しいけど“あの時”見放したって根に持ちますよ私なら。
    ちょっぴりモヤモヤが残る読後感です。

  • 2018/03/30読了。
    娘のための復讐という題材にも関わらず、家族愛や友情、努力、成長といった前向きなテーマが全面に出ており、爽快な読後感のある1冊。
    登場人物の言葉にも考えさせられるような名言が多く、非常に面白い。

  • 高校時代にこんな馬鹿騒ぎがしたかった。

全507件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年生まれ。『GO』の直木賞受賞。他の著書に『レボリューションNo.3』『SPEED』『対話篇』『映画篇』

「2009年 『フライ,ダディ,フライ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金城一紀の作品

フライ,ダディ,フライに関連する談話室の質問

フライ,ダディ,フライを本棚に登録しているひと

ツイートする