彼が彼女の女だった頃

著者 :
  • 講談社
3.07
  • (2)
  • (4)
  • (20)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 44
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062117708

作品紹介・あらすじ

思い出して、あなたが私の女だった頃。覚えていて、私があなたの女だったこと。忘れないでいて時が過ぎても二人死んでも。Love&Sexをめぐるナイン・ストーリーズ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いいタイトルだよね、これ。

  • 短篇集。「僕が眠りにつくときに」が好き

  • 借本。
    著者の本はこれが初めて。
    表紙に多少びっくりし、一応最後迄読んでみたがさっぱり。

  • タイトル衝撃!!

  • 初めて読んだ赤坂作品。

  • この本はすごい衝撃的だったんです。たぶん、桜井亜美以来の衝撃で、一気にこの本を読みました。あー、切ないね。もぁー、赤坂さんの作品を全部読みたいです……!!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1964年、東京都生まれ。作家。95年に「起爆者」でデビュー。著書に『ヴァイブレータ』(講談社文庫)、『ヴォイセズ/ヴァニーユ/太陽の涙』『ミューズ/コーリング』(共に河出文庫)、『モテたい理由』『愛と暴力の戦後とその後』(講談社現代新書)など。2012年に刊行した『東京プリズン』(河出書房新社)で毎日出版文化賞・司馬遼太郎賞・紫式部文学賞を受賞。

「2015年 『日本の反知性主義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤坂真理の作品

ツイートする