からだを自分で変える「気」の医学

著者 :
  • 講談社
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062120449

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毎日の養生法のお話です。
    自分の中に良い気を取り入れる方法、出さないようにするために気をつけること。また悪い気を体内に入れないために心がけなければならないことについて書かれています。

  • うん、まあ、結構前に読んだのですが、あまり覚えていないですね。
    季節を先取りして、秋は薄着、春は厚着をしたほうが良いというところが妙に印象に残っています。

    レベル:416

    おっと、意外と高いや。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年、中国・北京に生まれる(旧姓・隋)。世界医学気功学会特邀気功専家。幼少の頃から八掛掌・太極拳などの家伝の健康法を学び、賈永斌大師や大雁功の楊梅君大師、祝由科の黄茂祥大師や文栄高大師など著名な気功師との出会いにより才能を見出され気功の能力を開発、76年から気功施術を始める。世界23ヵ国が参加している世界医学気功学会が招聘した気功のスペシャル・エキスパート14名のひとりとしてさまざまな病気を研究施術している。82年来日、高知大学人文学部経済学科を卒業後、1990年に横浜大明気候会を主宰。2006年から世界医学気功学会の常務理事および副秘書長、12年から同学会の常務理事および副主席に着任、現在に至る。
著書には『病気がすべて治る「気」の医学』、『からだを自分で変える「気」の医学』、DVDブック『病気を自分で治す「気」の医学』、『なぜ、あなたの病気は治らないのか』(以上、講談社)、『病を治す哲学』(講談社+α新書)などがある。

「2016年 『病気は「妄想」で作られる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青島大明の作品

からだを自分で変える「気」の医学を本棚に登録しているひと

ツイートする