LAST

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (22)
  • (59)
  • (310)
  • (44)
  • (5)
本棚登録 : 657
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062120500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「池袋ウエストゲートパーク」の作者で知られる石田衣良の短編集で、作者の作品では個人的には一番好きかも。人生の色々なLASTを描いた作品が並ぶ。石田衣良は短編向きなんじゃないかと思う。

  • 7つ全てのタイトルに[LAST]がついている短編集。個人的には【ラストコール】がお気に入りです。

  • 何、この救いようのない加減!!話題の映画原作より、これを最初に読みました。全編オススメ。しかし落ち込んでいる時には読まない方がいいかもしれないw

  • 前のブグログ参照

  • いや〜はまりました。面白い。作者曰く「ダーク&ビター」な作品。妙にドキドキしたスリルさがたまらない。きっと、こういう話と紙一重の生活をしている人ってたくさんいるんだと思う。そういう私だって、明日は、、、

  • 暗い、、、
    でも読んでてハラハラドキドキしました!

  • こわいこわいこわいこわいこわい

  • ドキドキ、ハラハラ・・・

  • 人にはいろいろな生き方があるんだなぁ。人間、極限に追い込まれたらできないことなんてないんじゃないかと思った。

  • 恐いッス恐いッスよ裏世界。エグイ所もあるけど、読んでると止まらない。

全116件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

石田衣良の作品

ツイートする