LAST

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (22)
  • (59)
  • (310)
  • (44)
  • (5)
本棚登録 : 657
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062120500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文字通りLASTに焦点をあてた短編集。
    のめり込むような部分はないけど、サクッと読むには良いかな。

  • ラスト○○の意図する物が、読む前に想像してた物と違った...。

  • このような世界もあるのだろう。と知るためだけの本。

  • いきづまった人を描く7篇。
    (ラストジョブ)
    夫がリストラで大幅な給料カットをされて以来,橋本真弓が
    娘を保育園に月45,000円で預けて働くパートの収入は月70,000円。
    しぜん借金が増えて行く中,携帯電話に出会い系サイトのメールが届く。

    後味の良くない暗い話が多く,あまり楽しめない。

  • 読むと嫌な気分になる。特に最初の章。
    子供:ダメ

  • 読んでいてワクワク感が出てこなかった。
    IWGPシリーズと比べてしまうんだなぁ。

  • まさにLAST

  • 途中でやめようかなーと思うとちょっと救われる話があって。
    結局また全部読んでしまった…。
    石田衣良の短編ってそういうのが多い。

    でもこれは正直……気持ち悪いかなぁ。
    基本的に最初から救いのない人があがくんだけど
    でも救われない(ことが多い)っていう短編。

    ラストホームとラストゲームがなんとか救われる気がする。

  • 石田作品はほとんど好きだけど、たまに外れがあるし、表紙からさけたくなるものもある。これもそうだ。とにかく暗い。短編集だが毎回暗くてうんざりする。どう暗いかというと、主人公というより状況が暗いのだ。
    八方塞りすぎる。今の不景気と閉塞感あふれる社会ではよみたくない。

  • 何かが壊れたり終わっていく過程。
    曖昧で薄暗くて救いがあるのかないのか、
    それを自分がどう思っているのか分からないまま読み進めたけど
    最後の読んで、救われるのを望んでいたと気づいた。

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

石田衣良の作品

ツイートする