LAST

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (22)
  • (59)
  • (310)
  • (44)
  • (5)
本棚登録 : 657
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062120500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々に読んだ石田衣良さん。
    予想外にダーク&ダーティな短編集。
    こういうのって子気味いい(^^)。
    こう思えるのは年の功かな。

  • 何か(主にお金)に切羽詰まった人たちの短編集。みんな不幸すぎてどうしよう。ホームレスになった聡の話のラストにじんときた。心臓外科医奈良原の話はひたすら気持ちが悪かった。出し子の出口、看板持ちの都築の話は読後感がよかった。

  • 評価は低いみたいだか、個人的には好きな短編だ。人生追い詰められてから、どう転ぶかが、面白く描かれていて、引き込まれた。

  • 基本的に貧しかったり恵まれない人たちが取る最後の行動の話。皆愛すべき人たち。

  • 短篇集。
    エグいのからライトなものまで、色々とあり面白い。
    短篇集なので、空き時間にも読めてOK。

  • 身近に転がってる、いつ自分に降りかかるやもしれないようなリアルな文がすごく好き。

  • 図書館で借りました。

     現代。短編。
     借金地獄?
     おおむね、借金で首が回らなくなった主人公達が出てきて、売春や犯罪や、自殺や、ホームレスになるといった選択に陥っていく、というもの。
     相変わらず、男の子が出てくると妙に色っぽい石田作品。っていうか、まんまゲイの話だったな、「ラストシュート」は。てっきり、ラストは外科医×主人公かと思ったけれど、五歳の男の子ですか。しかも、この五歳に外科医は切られて死亡、って?
     怖いな、ベトナム。外科医が嫌な奴だったから、殺されても全然可哀想じゃないんですけれどね。

  • 7話の短編集

    LASTRIDEとLASTSHOOTが印象的でした

    読み終えた後、発展途上国のドキュメンタリーを
    見た後のような重さが残る…
    自分と重なりはしないけど、
    知らなかったことを知ってしまったような。

    読んでよかったとは思える本です

  • 東京の薄汚れた風景も美しく感じられるような気がしました。

  • 石田衣良の短編集。崖っぷちに追い込まれた人間の最後を描いた作品。7作品の中では『ラストホーム』がすきかなー。

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

石田衣良の作品

ツイートする