すらすら読める徒然草

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062120531

作品紹介・あらすじ

「されば、人、死を憎まば生(しょう)を愛すべし。存命の喜び、日々に楽しまざらんや」
長年たえず口に唱え、みずからを励ましてきた言葉を選んで、いわば「わが徒然草」といったものを作ってみた。徒然草の魅力を伝えるひとつの試みである。(中野孝次)

総ルビつき原文 著者オリジナル現代語訳つき

閑(しず)かなる山の奥、無常の敵(かたき)競(きお)ひ来らざらんや。その死に臨めること、軍(いくさ)の陣に進めるに同じ。
生死の問題は、今を生きる上で考えずにいられぬ緊急の関心事だったのである。……人は本来なら、いかに無事太平の世に生きようとも、つねに同じ課題をつきつけられているのだ。そのことを我々に最もよく示しているのが『徒然草』なのであって、この随筆文学の永遠の新しさはそこにこそあると言っていい。――(本文より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『徒然草』全243段から59段を抄録、59段を「1.世俗譚 2.しばらく楽しむ 3.なんとなくいい話 4.生死 5.名人 6.シンプルライフ 7.一事に専念せよ 8.心のふしぎ 9.よき趣味、悪しき趣味 10.美とは何か 11ありがたい話 12.実践的教訓」の12章に分類、解説をしている。

  • 図書館。引越しで時間無くざっと読みになってしまったが、良い。次行く土地の図書館に同じ本は無いみたい。その図書館の徒然草関係の本読んでみて、しっくり来るのが無ければこの本を何処かで借りて再読しよう。2017/9/29

  • 課題に出されたので読みました。

    説明などもついていて分かりやすい。

  • わかりやすい。
    いい分類をしている。
    74、75、155 の格段が印象的。

  • この本を読んで、より古典文学に興味が沸きました。
    私のような少ない知識を持った者でも、多少読めました。
    (もちろん現代語訳がついていますが。)
    所々興味深い文章がありました。
    ただ、もう少し直訳の方が私には合っているかも知れません。。
    これから、色んな古典文学の現代語訳付きの本を読んでみようかな!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1925-2004。千葉県生まれ。東京大学文学部卒、國學院大學教授。作家、評論家。『実朝考』『ブリューゲルへの旅』『麦塾るる日に』『ハラスのいた日々』『清貧の思想』『暗殺者』『いまを生きる知恵』など著作多数。


「2020年 『ローマの哲人 セネカの言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野孝次の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×