総説・図説 旧約聖書大全

  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (505ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062121002

作品紹介・あらすじ

テレビでニュース番組を見るとき、私たちは、カメラやリポーターの視点による印象を受け入れている。一つの問題をあらゆる方向から見ようとするドキュメンタリー番組でさえも、結局のところ、その制作者の見方を反映するものだ。普通は、これが理解の妨げになっているとは思わないだろう。だが、どんなことでも、本当に理解しようとするなら、受け取った情報だけではなく、その情報源がどんな視点からのものかという点も考慮しなくてはならない。同じことが、旧約聖書にも当てはまる。私たちは、旧約聖書がたった一人の人物の見解によって記されたものではなく、一つの民族が、自分たちの歴史を眺め、検証することによって作り上げた文書群だという点を忘れてはいけない。この書物を書き、編集した人々もまた、その民族と歴史の一部だったのだ。旧約聖書の根底に流れる思想、歴史、文化について、ここまで易しく、あらゆる視点を網羅して解説した本はこれまでなかった。聖書を学ぶすべての人必携。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2016/02/21より再度読み始める

  • 約500ページに渡る大作。結構繰り返し部分が結構あったり、多分原文も非常に難しい本なんだろうと思う。ただ、訳者の質が高いからか、主語と述語がしっかり呼応している文なので何とか乗り切れる。

    この本自体はそれなりに良い内容ではあるのだけれど、もっと簡単に、もっと分かりやすい、現代人との繫がりについて迫ってくる様な勢いのある旧約聖書の解説本って無いものかしらん?と思ってしまう…

  • スッゴイ分厚い聖書ガイド。
    手首が折れそうな据え置き向け。

全3件中 1 - 3件を表示

池田康文の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×