夢の印税生活者―作詞家になって年収を200倍にする!!

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062121354

作品紹介・あらすじ

転職を繰り返すこと12回。最後にたどりついた作詞家業で、Wink『愛が止まらない〜Turn It Into Love〜』『淋しい熱帯魚』でミリオンセラー!続く「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌が再ミリオンセラー、大ブレーク!!アッという間に高額所得者となった著者が、"女の成り上がり法"を伝授。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [private]不細工でコンプレックスの塊の中堅どころの作詞家による日ごろの鬱憤や愚痴を自慢話を隠し味にぶちまけただけの[/private]どーしょもない読み物。

    では何故これを手に取ったかというと最終章の印税に関する話には(おばはんらしく赤裸々に)印税の内訳が出ていたので、参考にしたかったからだ。

    大体作詞に関してはパッケージ販売料金の1.5〜2パーセントくらいが相場か。

    つまり、1曲24円くらい?

    まぁ定期的に万単位で売っていかないと著作印税だけでは食っていけないのである。それを踏まえると音楽だけで食っていくにはライヴ・パフォーマンスは欠かせないものだ(このギャラが大きいだろう)。

    もしかしたら、音楽を買うという習慣自体が少数派になるつつある状況下で音楽産業が進む道はそちらの方向ではないか(つまり、ライヴの制作とか出来ないと厳しいかも)。 

  •  
    ── 及川 眠子《夢の印税生活者 作詞家になって年収を200倍にする!! 2003‥‥ 講談社》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4062121352
     
    ♀及川 眠子 アニメ作詞 19600210 和歌山 /Oikawa, Neko [B] J-POP
    ── 《残酷な天使のテーゼ》「これ、名曲か?」及川「売れたら勝ちです」
     山本 寛  アニメ監督 19740901 大阪 /Yamamoto, Yutaka [O]
    https://find.5ch.net/search?q=%E5%8F%8A%E5%B7%9D%E7%9C%A0%E5%AD%90
     
    …… 糟糠の妻を抱きしめ「印税10%!」と叫んで祝杯を挙げた。
    http://q.hatena.ne.jp/1245291155(20090618 11:12:35)
     草稿の妻 ~ 夢の印税生活 ~
     
    http://q.hatena.ne.jp/1263742018#a982950(No.4 20100118 02:49:32)
     鉄筆と鉄道 ~ 本字・旧字・略字・新字 ~
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19800915 Do! series 国鉄岡山
     
    (20180602)
     

  • 作詞家とはどんな人たちなのか。その生態が事細かにあっけらかんと記されている。知的好奇心が満たされた。

  • 印税で検索かけたらヒットしたのでした
    ふと思ったのだけど、本の表題って及川さんの意志で決まったのだろうか
    妙なキャッチーさが
    にゃいようとちがふような

  • 44 冊目

  • 作詞家になる方法や,作詞の技術論ではなく
    音楽業界の裏話や愚痴がメイン。

    音楽業界って大変だなぁ〜何て思いながらも
    結構笑いながら読める作品。
    読みやすい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

及川眠子(おいかわ・ねこ)
1985年三菱ミニカのマスコットソング『パッシング・スルー』で作詞家デビュー。その後、Wink『淋しい熱帯魚』『愛が止まらない~Turn It Into Love~』や新世紀エヴァンゲリオンの主題歌『残酷な天使のテーゼ』『魂のルフラン』、やしきたかじん『東京』等多数のヒット曲を手掛ける。最近ではジョジョの奇妙な冒険のOPテーマ『黄金の風』や高畑充希×山崎賢人の映画『ヲタクに恋は難しい』の全曲作詞、ブロードウェイミュージカル『ヘドゥグ・アンド・アングリーインチ』などを手がけるほか、ドラァグクィーンユニット・八方不美人のプロデュースも担当。受賞歴は1989年「第22回全日本有線放送大賞年間グランプリ」「第31回日本レコード大賞」(『淋しい熱帯魚』)、1994年全日本有線放送大賞「読売テレビ最優秀賞」と「特別賞」(『東京』)、2011年JASRAC賞金賞(著作権分配額1位)。著書に『誰かが私をきらいでも』『ネコの手も貸したい』など。

「2020年 『猫から目線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

及川眠子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×