日本を呪縛した八人の政治家―政治改革を阻んだ永田町の妖怪

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062121378

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の本は何冊か読んでるが、仕方ないのだが繰り言状態でうんざり。あとがきに突然某団体のヨイショが書いてあって、これは(団体に)本買ってもらおうとしてるなというのがミエミエで面白い。

  • 地元の駅前の古本屋で購入する。非常に読みやすい本です。「加藤の乱」について考察します。加藤氏が事前に相談した人物は、管直人氏だと推測しています。ただし、断定はしていません。挫折した理由を2つほど指摘しています。第1に、小泉氏の協力を得られなかった。第2に、野中氏に恫喝された。ただし、断定していません。自らが確証を持てない部分は、断定しません。ただし、このスタイルは、物足りなさを感じます。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1935年、高知県生まれ。60年、法政大学大学院修士課程修了、衆議院事務局に就職。65年、園田直副議長秘書、73年、前尾繁三郎議長秘書。委員部部長などを経て、92年に退官、同年の参議院議員選挙に出馬し当選。その後、自由民主党に入党。羽田派を経て、93年に新生党、94年に新進党、98年に自由党の結党に参加。2003年、民主党に合流。議会運営と法律運用に精通する唯一の政治家として高い評価を得る。04年に政界から引退。著書には『昭和天皇の「極秘指令」』『公明党・創価学会の真実』『虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実』『ロッキード事件「葬られた真実」』(以上、講談社)などがある。

「2020年 『衆議院事務局』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平野貞夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×