ゲバゲバ70年!大橋巨泉自伝

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (3)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (511ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062121736

作品紹介・あらすじ

『11PM』『ゲバゲバ90分!』『クイズダービー』『HOWマッチ』テレビがとてつもなく面白かった時代の秘話満載、渾身の書き下ろし!「芸能界の生き字引」著者初の本格自伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2015/07/10:読了
     小林信彦さんのように資料的な価値があるものや、井原高忠さんのように、たんたんと事象を書き綴った中に深みがあるものを、期待していた。
     読むのを楽しみにしてたが、くどいし、自慢だし...
     文が鼻について、読み切れなかった。
     

  • この本を読んで、セミリタイヤを考えてます。

  • 司会は巨泉だ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

おおはし・きょせん/1934(昭和9)年、東京両国生まれ。本名・克巳(かつみ)。早稲田大学第一政経学部新聞学科中退。ジャズ評論家、テレビ構成作家を経て、1965年、『11PM』への出演を機にテレビタレントに転身。以後、『巨泉・前武のゲバゲバ90分!』『クイズダービ―』『世界まるごとHOWマッチ』『巨泉のこんなモノいらない!?』など、数々のヒット番組を手掛けた。1990(平成2)年、セミ・リタイアを宣言した。
『巨泉 人生の選択』『岐路』(いずれも講談社)、『頑固のすすめ』(王貞治氏との共著、角川書店)など著書多数。

「2016年 『ゲバゲバ人生 わが黄金の瞬間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大橋巨泉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×