あやめ 鰈 ひかがみ

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (2)
  • (7)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初松浦寿輝。「あやめ」「鰈」「ひかがみ」からなる連作。正視できない悍ましい世界を見せつけられ、引き摺りこまれかけ、やっとの思いで戻ってきた。生死の混濁どころではない、はじめから境界すらないのではないか。人間の業の救いなさをここぞとばかりに悪鬼の如く現前させ、異界を幻術させ、目を覆いたくとも目を離させない。そこには恍惚に導く何かがあるのだろうけれど、それは何なのかを私はまだ知りたくない。この蠢く艶めかしい異界に囚われ身動きできなくなる前に、もっと無様に足掻いてみたい。しかしこの求心力に抗うのに相当消耗した。

  • 表題「あやめ」は出だしから引き込まれる。道を渡って車にはねられて死んだけど、なんとか道を渡りきった、ところからの物語。幻想的で物悲しい。
    3つとも少しずつ重なっているが、展開としては別の話。2人目はおぞましい人物だが、扱いはあと2人と一緒。罪も罰もなく、感情も漂白された深い孤独を感じる。圧倒的な世界感ではあるが、まだここまでの心理にはなれない。ここに至る悲しみの深さを思ってしまう。

  • 幻想的な中年男性のファンタジー。3作とも甲乙つけがたい。

  • 初めて読んだ作家さん。

    なんだろう・・・。
    不思議な感じ。

    でも、まっぴるまにぽかぽかと日にあたりながら読んでるのに、本を読み始めるとすぐにこの世でないような曖昧な世界に入り込み、周りがずんと暗くなる感じ。引き込まれる。

    うーん。あと何冊か読んでみないと、好きかどうかの判断は難しい。

  • 2011/8/16購入

  • 暗かった。上に怖かった。
    でも、こういう雰囲気は好きです。生きてんのか死んでんのか、幻を見ているようで。

  • 幻想と現実と妄想と虚構と幽界と現実が入り乱れた感覚の表現がやっぱり秀逸。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1954年東京生まれ。詩人、小説家、東京大学名誉教授(フランス文学・表象文化論)。詩集に『ウサギのダンス』『冬の本』『鳥の計画』『吃水都市』『afterward』『秘苑にて』など。小説に『幽(かすか)』『花腐し』『あやめ 鰈 ひかがみ』『半島』『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』『不可能』『BB/PP』『名誉と恍惚』『人外』など。評論に『平面論 一八八〇年代西欧』『折口信夫論』『エッフェル塔試論』『知の庭園 一九世紀パリの空間装置』『明治の表象空間』など。

「2022年 『半島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦寿輝の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×