豆腐小僧双六道中ふりだし

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (135)
  • (130)
  • (356)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 1235
レビュー : 151
  • Amazon.co.jp ・本 (676ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 馬鹿な豆腐小僧が可愛い。

  • コミカルで面白かった。
    京極さんの本の中では読みやすい方だと思う。
    最後の方は展開が速すぎて、もっとゆっくりのテンポでもよかったような気もするけど、
    そのドタバタ具合が妖怪ものらしいといえばらしいのかな。

  • 冷静なのに優しい、妖怪存在入門書。

  • 豆腐小僧を見てると関さんを思い出す。ちょっとうじうじしてるキャラが似てるかもしれません。

  • 妖怪は沢山いるけれど、この本の主役は
    大きな頭に笠をかぶり、紅葉豆腐を手に持ったかわいい「豆腐小僧」。
    わたしはこの本を読んで、初めて豆腐小僧の存在を知りました。
    本の表紙にいるのが豆腐小僧。 …なんか「妖怪」なのに怖くない!

    お話の流れは、この豆腐小僧が他の妖怪と出会い、その中で
    「自分とは何なのか?」「妖怪と幽霊の違いは?」「概念って?」
    などを少しずつ学んでいく感じ… かな?

    -----------------------------------------

    百鬼夜行シリーズの続きを借りに行った時、この本を発見したので借りてみました。
    目的の本ではなかったけれど、おもしろかった。
    ここのレビューを見ていると、カバーの中が豆腐仕様? なのでしょうか。
    図書館本だとカバーをめくる事ができないのが歯痒い。

    作品内での「~でございます」 「~ですな」などの
    軽く、ひょいひょいっとした語り口が特徴的!
    こういう口調で描かれる本をあまり読んだ事がなかったので、新鮮でした。
    この口調のおかげが、結構な厚さがあるのに、
    不思議とすらすら~っと読めてしまいました。
    この作品で、妖怪とか幽霊は一緒のものじゃなくて実は全然違うものだった!
    とか…。 読んでいて、豆腐小僧以上に新しい事をたくさん知りました。

    「その十一」の、最後の終わり方が個人的に大好きです。
    決める所はびしっと決めるなんて、流石江戸ッ子です!

  • 京極先生が妖怪を大まじめに正面から語りました!面白かったです。色々矛盾なくない?と思いましたが妖怪は人によりあり人によりなきもの。考えた者勝ち!ラストで豆腐小僧が化けて(笑)しっかり締めて、流石でした!

  • これぞ妖怪事典(笑)正方形で分厚い豆腐のような装丁が素敵◎
    豆腐ちゃん、袖引きちゃんがお馬鹿で可愛ゆすぎる。
    京極堂シリーズや百鬼夜行シリーズを読んで、ちょっとゆるい妖怪モノを読みたくなったときに良いかも。

  • 正しくキャラクター小説。

    キャラクターとは、妖怪とは、あやかしの楽しみ方とは。
    どう考えてもうんちくなのに、どう読んでも娯楽小説。
    すごい楽しい。

    もみじ豆腐な見た目も素敵。

    2008/10/15 再読

  • アニメとして『豆富小僧』というタイトルで映画化が決定!(2011年GW公開)。声優を深田恭子、武田鉄矢ら豪華な面々が務めます!!

    公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/tofukozo/

  • 妖怪に迷ったらこれね。

全151件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

ツイートする