豆腐小僧双六道中ふりだし

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (135)
  • (130)
  • (356)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 1235
レビュー : 151
  • Amazon.co.jp ・本 (676ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやはや、なんと足掛け5年かけての読了です。
    いっつも途中で挫折しちゃっていたから。面白いのに不思議。
    今回やっと読了。
    京極夏彦の本当に妖怪が出てくるお話です。
    出てくる妖怪たちがなかなか可愛くて、いい!
    でも、私は豆腐小僧は性格があんまり好きじゃないけどね(笑)お馬鹿すぎるんだもの。
    達磨と袖引きちゃんは好きよ。

    正方形という何とも本棚に収まりにくい本だけど、装丁が凄く凝っていて本当にいい。
    あとで、昔応募した豆本のほうも読みます♪

  • またの名を久々知兵助双六道中ふりだし

  • 百鬼夜行、妖しい煙と狐火の漂うなか、妖怪共が目を覚ます。




    妖怪の成り立ちというかなんというか、そういう考え方もあるんだなぁ、っていうのがとても楽しくわかります。
    続きが読みたいなぁ。あるのか。

  • 舞台は江戸。主人公は妖怪。
    まるで狂言のような語りに、リズムの良いストーリー展開と会話。
    登場する妖怪たちは個性溢れていて、とても可愛らしく、微笑ましい。なにより主人公・豆腐小僧は思わず笑い出しそうなくらい面白く可愛いです。達磨先生も小僧には苦労するよう。
    まるで本物の狂言を見ているような笑いをくれる作品です。

  • 主人公は妖怪豆腐小僧。他の登場人物も九割くらいが妖怪な、妖怪たちのお話です。お馬鹿な豆腐小僧が笑えます。お馬鹿な豆腐小僧が愛しくなります。本自体が正方形で白くて、豆腐をイメージした形なのも可愛い。

  • ラストの畳みかけが好きでした。面白かったです。

  • ただいま読書中。。。

  • これぞ妖怪。
    私は誰、此処は何処。小僧は彷徨(さまよ)う。小僧は進む。

    妖怪豆腐小僧がアイデンティティーを捜す!?
    「なぜ、手前は豆腐を持っているんでしょうか?」自己の存在理由、存在意義にうすーく不安を抱く小さな妖怪が数々の異種妖怪に出会い、「世間」を知る立志篇!

  • 京極夏彦の本当に妖怪が出てくる小説。

  • 表カバーを外すと、正に『紅葉豆腐』の形をしている本。あばら家に湧いた豆腐小僧が、様々な妖怪に出会う過程で、読者は同時に、江戸末期ポピュラーだった妖怪の存在理由、また妖怪が消え行く理由を知る事ができる。読むうちに豆腐小僧の可愛らしさに愛着がわいてくる。

全151件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

ツイートする