NO.6〔ナンバーシックス〕#2 (YA! ENTERTAINMENT)

  • 講談社
3.78
  • (312)
  • (235)
  • (527)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 2035
感想 : 144
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122290

作品紹介・あらすじ

2017年の「西ブロック」。「NO.6」を追われ逃亡中の紫苑は未知の世界で、無防備なままネズミの隠れ家を飛び出す。疾走する近未来サバイバル小説第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 紫苑はネズミの隠れ家で同居を始め、西ブロックの生活の中で、廃墟に住むイヌカシや元新聞記者の力河と知り合う。理想と現実の狭間で悩みつつ自分を貫くけれど、ネズミからNO.6と自分、どちらを選ぶか選択を迫られる。NO.6内でも不穏な動き。3巻へ。

    限られた語彙で書かれているけれど豊かな物語だと感じます。すごいなぁ。

  • No.6 2巻目

    西ブロックでネズミと暮らし始める紫苑
    犬を操るイヌカシに出会い、
    母からのメッセージを受け、元新聞記者の力河(りきが)に会いにいく

    留学から祖母の訃報で急きょ帰国した沙布(さふ)は、当局に拘束される
    ネズミは紫苑の母からそのメッセージを受け取るも、紫苑に伝えることを躊躇する

    1生と死と~ハムレット 第五幕 第二場
    2神々の場所~テリピヌの神話「メソポタミアの神話」より
    3魔と聖~西鶴諸国話 「人は化け物、世にない物はなし」
    4冥府の天使~桜の園 第三幕 
    5密やかな危機~スルタン・ビン・サルマン=サウド宇宙飛行士(サウジアラビア)

  • 1巻を読んでから少し時間が空いてしまいましたが、続きは気になるので2巻も手に取りました。

    SFはあまり好みではないのでストーリーよりも、ところどころハッとさせられるようなセリフや表現あり、そこに惹かれているのかもしれません。

    児童書で文字数が少ないので早く読めるし、やっぱり続きが気になるので、3巻も借りようと思っています。

  • 徐々に盛り上がってきた。

  • 面白い

  • ネズミと地下に潜り生活を始める紫苑。
    母の昔の友達と会い、ネズミと距離を縮める。
    母とどうにか連絡を取り合い、お互いに支え合うところに沙布が連行される。
    ネズミは紫苑に伝えるのか…

  • だんだん、話が動いてきました。この親子は、何故新しい世界に毒されないのでしょうか。性格なのかな~。

  • 【あらすじ】シリーズ2巻目。聖都市「No.6」のエリート候補生から一転、犯罪者として逃亡中の身となった紫苑。逃亡先は、理想都市とされる「No.6」の外側「西ブロック」。紫苑は少しずつ、「外」の世界やNo.6の真実を知り始める。
    紫苑の母、火藍や友人沙布の周辺も描かれる。

    【雑感】紫苑とネズミのやりとりを中心に物語が展開。次巻が読みたくなる。今回はあとがきが何より、ずん…ときた。あとがきは特に、大人が読むといろんな気持ちがわきあがるような気がした。

  • 母のよこした暗号の意味を探すため、二人はラッチビルの関係者、力河に会う。イヌカシという商売をしている彼を父親かと疑った紫苑だが、違うらしい。

    同時に進行するNO.6での秘密の実験。
    その実験対象として沙布がさらわれる。

    その事実を紫苑に告げないままのネズミ。そこで物語は終わる。

    紫苑はいいやつだなーと、読みながら思った。
    でも、ある意味普通だと思うんだけど、この世界では甘ちゃんの発想なのね。厳しいわ。

  • なんでこのタイミングで読みはじめちゃったんだろう…と思いながら読んでいます。
    イヌカシって、このタイミングで出てきたんだっけ!?
    沙布って、こんなに早く連れ去られちゃったんだっけ?というかんじです。
    2011/3/15読了

全144件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岡山県生まれ。大学在学中より児童文学を書き始める。『ほたる館物語』で作家デビュー。『バッテリー』およびその続編で野間児童文芸賞、日本児童文学者協会賞、小学館児童出版文化賞受賞。『敗者たちの季節』、「弥勒」シリーズ、「燦」シリーズ、『もりもり森のネコロッケ』他、絵本から時代小説まで幅広いジャンルで活躍している。

「2022年 『彼女が知らない隣人たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
ZOO
乙一
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×