サイコバスターズ(1) (YA! ENTERTAINMENT)

  • 講談社
3.33
  • (10)
  • (11)
  • (37)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 137
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122306

作品紹介・あらすじ

組織で養成された、能力覚醒者の少年・少女5人が、陰謀をたくらむ、その組織に立ち向かう!漫画『Get Backers"奪還屋"』の超人気コンビがファンタジー小説に挑む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 偶然、初めて行った千代田図書館のYAコーナーで見つける。YA情報は少ないので、目にして面白そうなのを借りることが多い。
    何冊かあったけれど、とりあえずどうかわからないの1冊目を借りる。
    導入部分で、よくある設定と言えば、よくある設定。
    それでも読みやすく、面白い。続きを借りるのが楽しみ。

    ちなみに全く知らなかったんですが、この方、たくさんペンネームを持っている方だそうで、金田一少年の事件簿の原作の方でもあるそう。

    あとがきを読むと
    「最近あまり小説を読む若い人が少ない。読んでもらいたい」というようなことがある。
    これすごく共感する。

    子どもの頃、漫画も読んだけれど、小説を読んでワクワクして、本ばっかり読んで……と怒られていた頃。そんな日のことを思い出す。

  • 組織(ファーム)で養成された能力覚醒者の少年・少女たち5人が、陰謀を企む、その組織に立ち向かう! 漫画「Get backers(奪還屋)」のコンビによるファンタジー小説。

  • 3冊とも中学生の時で2007年。子どもっぽいけれど何か好きでした。

  • マガジンで連載されていたゲットバッカーズのコンビの作品です。
    超能力もので、中二要素が盛り沢山で楽しいです。
    雰囲気もゲットバッカーズと同様のものと考えてもらって大丈夫だと思います。

  • 組織で養成された能力覚醒者の少年4人と、普通の中学生の5人が、何らかの陰謀をたくらむ組織と闘う話。
    数年前にアニメ化された『GetBackers-奪還屋』の作者の作品なのですね。
    この本も、のちに漫画化されているようです。
    サイキック(超能力者)が活躍する話だけあって、どの人も常人ではないだけでなく、美少年美少女。若者受けする作品と思われます。
    主人公のカケルは、本当はすごい能力の持ち主っぽいのに、性格はごく普通っぽいのが、こういう作品らしいでしょうか。
    登場人物の影の部分をもっと掘り下げたら、また別の良さが出てきたと思いますが、あまり細かいことに触れずに、進められるストーリー展開は良かったです。

  • 一気に最後まで読めると思います。

  • こういう不思議怪奇現象的なものはすきだ。

    内容はサイコバスターズというタイトルだからもちろん超能力者の話。

    敵が味方になったり一般的にありそうな展開もあるがまぁ、面白い。

  • やっぱ欄人先生の絵のほうが好きだな・・・猛丸。(×)

  • んーv中学生のころめっちゃ好きだったvv
    「Get Backers」の作者が描いている児童書。
    漫画がそのまま小説になったみたいで読みやすい!
    本嫌いだけどマンガは好きって人はこれを読んでみて!!
    普通の少年翔とサイキックの少年・少女たちのお話。
    バトルあり!謎あり!恋愛ありの王道少年漫画…もとい新しい児童書!!

全19件中 1 - 10件を表示

青樹佑夜の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×