ユネスコ事務局長奮闘記

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122344

作品紹介・あらすじ

アジアから選出された初のユネスコ事務局長が、世界平和への貢献を語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ついこの前まで事務局長日本人だったのよねー
    仕事の実態とか内部事情が分かって国際組織行きたくなった!
    しかし事務局長の意向一つでわりと簡単に物事決まってしまうことが分かって、それでいいのかと。
    やっぱりこの分野、もっとアカデミックな理論とか方法論の確立が必要だと思う。
    修論意義のあるものにしたいなー と モチベーション上がった!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

松浦晃一郎:1937年山口県出身。外務省入省後、経済協力局長、北米局長、外務審議官を経て94 年より駐仏大使。98 年世界遺産委員会議長、99 年にアジア初となる第8代ユネスコ事務局長に就任。著書に『アジアから初のユネスコ事務局長』(日本経済新聞出版)、『国際人のすすめ』(静山社)など。

「2022年 『ビオシティ BIOCITY 90号 世界遺産の歴史と未来像』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦晃一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×