ティーン・パワーをよろしく(2) -つかみやジャックと天才手品師- (YA! ENTERTAINMENT)

  • 講談社
3.32
  • (2)
  • (9)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 89
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122498

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たまにはティーンズ向けの本も。第1巻ほどの子供が好きそうなドキドキハラハラは無かったです。第1巻では誰が犯人が推測できるように、しかもわからない程度にヒントが散りばめられていましたが、今回はそれが無く、犯人を推測する楽しみも味わいにくく感じました。

  • おもしろかった。
    犯人は比較的わかりやすいんだけど、伏線もあって楽しめた。

  • ①に引き続き読んでみました。
    普通に面白かったのですが、もう少し奥の深いというか、内容の濃いというか…
    そんなふうにして欲しいです。

  • シドが犯人かとおもってた!!!!!


    これは、トム目線。

    次の仕事の依頼は
    町にあるさびれた、お店の整理と
    暴れん坊の、子供タルキンの子守。

    シドの手品ショップ
    は、トムが担当する事になった。

    タルキンの子守は
    暴れん坊。というコトで、ギャラは二倍。
    だから、他の五人。
    ティーンパワーのメンバーは
    アノ後、エルモも加わり、六人になったのだ。

    そのころ、つかみやジャック。
    という犯人が町をうろつき、そいつは
    くびを、つかみ五十、数えてから目をあけろ。
    といい金をとる、凶悪犯だ。
    しかも、犯行は日に日に増えていく。


    シドの店はとても楽しく、
    毎日がとても楽しい。
    シドとトムはユーモアの線が同じでとても気が合う。
    トムはシドが大好きになり、
    シドの店を繁盛させたくて
    色々提案した。
    その結果、ジドの店は大繁盛。
    シドにたのまれ、トムはシドの全財産を持ち、
    銀行へ。

    その時、なんとつかみやジャックに
    つかまり、大事なジドのお金をとられてしまった。

    その事を、次の日シドに謝りに行くと
    シドは笑って許してくれた。
    シドの全財産なのに・・・・・・・・・・・・・・

    しかも、全財産がなくなったというのに、
    どこからか、新しいゲームソフトを買い、
    商品に加えている。

    そんなシドを、疑ってしまうトム・・・・・・・・・・・

  • この巻ではトムが主役~中学生6人組のチームの新仕事は悪ガキの世話とマジック店の倉庫の整理。トムは片腕・片目を事故で失ったシドのマジック店を手伝う内,店舗の模様替えを思いつくが,悪ガキの世話は大変らしい。強盗つかみ屋が出没して,手口も荒っぽくなっていくが,シドが怪しい。二階に間借りしている夫婦が犯人だった~ま・・というわけで1巻がしっかり者でリーダーのリズ,この2巻がのっぽで食いしんぼのトム,次はおしゃれなレッチェル。悪戯屋で理屈屋のタルキンには実際の同名モデルがいるんだと

  • (中学二年生)

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×