• Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122894

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この参加作家の顔ぶれを見てみてくださいよ、ええ? まったく、垂涎ものの豪華さですぜ。
    もともとエロっぽい作家さんもいれば他の作品では肉っぽさをそれほど感じさせなかった作家さんもいるけど、どの方も一流なのは間違いない。エロくてゾッとできて、泣けて笑えて感動できて、そしてやっぱりエロい。北野勇作さんのすっ呆けた気色悪さには笑わせていただきました。

  • 20190825
    官能小説?アンソロジー。エロティック12幻想より露骨ではないし、それほどに下品でもない。それぞれの得意分野で、エロスをスパイスにしましたという感じ。
    津原さんの「淫魔季」目的だったが、うーん、幻想的ではあるが、むしろホラーかも。京極夏彦さんは本当にぶれないが、エロスはない。安孫子武丸さんは、完全なるミステリ。皆川博子さんに至っては、むしろ切なく狂おしい純愛小説であった。

  • 山田正紀さんの一番よかった。

  • 豪華作家陣による「エロス」アンソロジー。
    皆川博子先生の「柘榴」の艶やかさに酔い、北野勇作先生の「あの穴」になかなかくすぐられ……

    が、もう桐野夏生先生の「愛ランド」にすべて持って行かれた感。
    なんだこれ!!!
    先生、もう本当に勘弁してください……怖いよ!エロスじゃなくて怖すぎる!!

    それと個人的には、この作品がトリ?とちょっと納得いかず。

  • 図書館。

    官能小説アンソロジー。
    どれもただのエロではなく不穏な空気に満ち満ちているのがたまらん。

    男性作家よりも女性作家の作品のが好きだった。
    男性は、行為を詳細に描写する。直接的であることがエロさの証左かのよう。
    女性は、直接的な描写はないけども匂い立つエロさ。
    (その要因はまだ分析が足りない…)
    この辺の傾向、エロ漫画や同人誌でも同様な気がする。
    あとは、女性作家二人は、どちらも百合っぽさが。
    桐野夏生の描く、互いに性行為をさらけ出し合うような未来も予感させる終わり方とか、一番の秘め事を見せ合うとか最高にエロくないですか!?
    「柘榴」は、「倒立した塔の殺人」を否が応でも思い出す。

    その他。
    「思慕」は「大首」より後ろに載ってたこともあってオチが読めちゃう。
    「あの穴」は、ナチュラルに女を馬鹿にしてる感が染み出ててイマイチ…

  • 8編の官能小説アンソロジー。正直、官能小説っぽくないものもいくつかでちょっと期待はずれ。北野勇作だけ初めて読んだ作家さんだったけど、面白くなくて途中でやめた。なめくじって気持ち悪すぎ。桐野夏生「愛ランド」が一番面白かった。まだまだ続きそうというか、長編の一部分でもおかしくない。旅先で3人の女性が「一番良かったセックス」を告白、という帯の説明。性奴隷ねぇ。ほんとにあってもおかしくないような、いやいやおかしいような。でも金持ち、権力者の間ではありそうだよなー。

  • 桐野 夏生さんの「村野ミロシリーズ」検索で桐野作品が含まれていて書架に並べてあって連れて帰った本。ミロシリーズと併読した『18禁図書』エロス満載で、淫魔季 津原泰水著. 愛の嵐 山田正紀著. 大首 京極夏彦著. 愛ランド 桐野夏生著(旅先での3人の女性の告白). 思慕 貫井徳郎著. 柘榴 皆川博子著. あの穴 北野勇作著. 危険な遊び 我孫子武丸著・など8編を収録する。

  • 官能て突き詰めるとグロテスクになるんやなあと

    こわかったー

  • 作家8人による短編集。

    そのいずれにも共通していることは
    肉欲に関するテーマである、ということなのだが、
    切り口がものの見事にバラバラでそこが面白い。

    特に終戦直後のソ連の捕虜収容所における
    ある女性の異常を描く山田正紀「愛の嵐」と
    マンネリを迎えただらしない男女の醜い企てが
    どんでん返しを呼ぶ我孫子武丸「危険な遊び」が
    素晴らしい。

  • 皆川さんの短編が良かった。甘くないエス。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

ツイートする