無情の宰相 小泉純一郎

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062123631

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 池袋周辺のブックオフで購入する。アクセス抜群です。首都圏は駅前にあります。それ以外の地域は駅前にありません。どうして、こうなるのでしょう。

  • 徹底的な批判。かなり小泉が嫌いなようだ。小泉に政治家としての資質は無いように読める。

  • 実家にあったので読む。。
    小泉さんの人間性を家族や血族からよみとくもの。

    使命感、死生観をきめてから小泉さんはすべてを捨てた
    と理解して政治活動はみてたけどそれはおいておいて
    秘書の小泉信子(おねえさん)のらつあんぶりが本当ならば
    気持ち悪い。

    確かにしんじろうのしゃべりとか小泉さんではなく家を治めてる
    信子さんの教育ならピンとくる。母親同然という意味でね。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1954年、岩手県北上市生まれ。業界紙記者を経てジャーナリストとなり、『週刊現代』『週刊文春』『文藝春秋』などを中心に執筆活動を行う。政界に関するスクープ記事が多く、小沢一郎衆院議員については20年以上取材を続け、その後の「陸山会事件」追及の先鞭を付けた。妻・和子氏からの小沢氏への「離縁状」をスクープしたことで、第19回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞」を受賞。
著書に『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』(講談社+α文庫)、「小沢一郎 淋しき家族の肖像』(同)ほか多数。

「2020年 『したたか 総理大臣・菅義偉の野望と人生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松田賢弥の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×