結婚帝国 女の岐れ道

  • 講談社
3.46
  • (4)
  • (11)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062124133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私はちょうど最近、竹田青嗣の「ニーチェ入門」を読んだところだったから、竹田青嗣の話がけっこう出てきて面白かった。
     
    竹田青嗣が「家庭を持つと、自分という単位が妻とか子どもに広がる」「家族が自己アイデンティティに重なる」と雑誌の対談で言っていたのを信田さよ子が見つけて、上野千鶴子と「あまりに通俗的」「古い男だね」と言っていた。
    竹田青嗣じゃない人の書いたニーチェの本も読んでみようかなと思った。

  • 367.1

  • 目覚めよ女たち、手遅れにならないうちに!「非正規雇用・非婚の30代女」は親のストックを食いつぶし、少子高齢社会の巨大不良債権となる。「そんなこともわからない度し難いオヤジ社会」の病理を斬る!

    --------------------
    当然のように目の前に横たわる女性性とか社会観とかをばっさばっさと切り倒していくような感覚。読んでいて凄く面白い!
    これは、世の女性に限らず男性にも読んで卒倒して頂きたいw

  • 言うなればフェミニズムの理論と実践の対談。読みやすかった。

  • ▼選択肢を作る仕事

    『結局、人は、多様な選択肢の中で、自分に一番つごうのいい理論を選び取るものですから』『理論て、そういうものじゃないですか』『そういうものです。理論家の役割は、その選択肢を増やすことですから』『というふうにおっしゃる学者は、少ないでしょ』『学者の中には、理論はメ正しいか間違っているか、どちらかだと言う人もいるようですが、理論はつごうがいいか、つごうが悪いか、どちらかだと思うんで。問題はだれにつごうがよいか、ですけどね』(上野千鶴子×信田さよ子:著 / 結婚帝国女の岐れ道 / P245)

    『だって真理とかいうじゃないですか』『あの方たち、真理がお好きですねえ。“真理”や“正しさ”が、結局はだれかのつごうを隠蔽していることに無自覚なだけでしょう』(上野千鶴子×信田さよ子:著 / 結婚帝国女の岐れ道 / P246)

    とくにこの言葉はなんか、色んな私の回路のいくつかがバチッと繋がったような感覚を受けた言葉。靴屋にはたくさんのデザインやサイズの靴が並んでいる。種類が多ければ多いほど選ぶ自由度は高くなるし、より自分にふさわしいと思える靴が選べる。しかし、靴のデザインやサイズの種類が少なければ少ないほど、靴の選択は妥協するしかなくなる。数少ないアイテムの中で、『一番マシそうなものを選ぶ』。なんかデザインはいまいち気に入らないし、サイズも微妙に合ってないので、靴擦れもする。痛いし履き心地も悪い。今の社会でメジャーな『理論』『概念』『枠』『分類』『道徳』にフィットしきれない人が、世の中にはたくさんいて、何かしらみんなそれぞれにその中に収まりきれない居心地の悪さや不条理を抱えていたりする。自分の好みや足の大きさにフィットする靴があると街を歩くことが楽しく&快適ことがあるように、自分にフィットする理論があると人は楽しく&快適に生きられることがある。理論はひとつではなくて、自分にフィットするもの、都合のよいものをチョイスする。

    『家庭』『学校』『男女恋愛』『男らしさ』『女らしさ』『戸籍』『人種』『国』『会社』『夫婦』などの社会が枠のなかに、世界中の人を振り分けた時、それに振り分けられないひとがいる。その枠に仕方なく居ることで苦しんでいるひとがいる。その枠に入っていないことで社会的に『カウント』すらされていないひと。その枠にフィットしない自分は、価値のない人間だと思うひとがいる。『家庭がメチャクチャだった』『何故他の家のような幸せな家庭になれないのか』『家に居場所が無い』という劣等感や孤独感を抱えて育ってきたひと。『学校でいじめに遭うから、学校をやめた。人間として失格だ』と思うこども。『日本人と韓国の混血で自分は一体何人なのか、どこに故郷を感じればよいのか』と悩む在日のひと。住む場所が無く、移民難民と言われている定住地を持たないひと。

    ある学者は『現在の学校のカタチはここ35年くらいに出来たにしかすぎない。たかだか35年の規範に入れなかったからといって人間失格なんてバカバカしい。』という。ある学者は『家庭は必然ではない。家庭がなくとも子は育つ』という。ある学者は『人は定住することだけが本来の姿ではない。移動しながら暮らすことも、メジャーであった。暮らす人だけでは何も見えない。動く人、暮らす人を同列で、全体を見なければ、今までもこれからも見えない』という。

    そうやって、今までの枠や理論や思い込みを一度カーンと打ち壊して、新たな理論や枠や居場所を模索し再構築していく。『真実』とか『正しさ』をベースに、今までのことを否定するのではなく、今までの選択肢に新しい選択肢を加えて行く仕事。学者ってそんな仕事らしい(…と勝手に思った)。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ▼被害者は加害者

    『わたしがあなたから学んだ中で、非常に大きなことのひとつは、「被害者であり続けることが、そのまま加害者性に転化する」「被害者であることと、加害者であるということは、別のことではないのだ」ということ。』(上野千鶴子×信田さよ子:著 / 結婚帝国女の岐れ道 / P209)

    『私は感動するのである。どうすればこれほど、自信のないという人間と、自負まみれの人間が誕生するのか。なぜここまで気遣う人間と恐ろしいほど鈍い人間に分かれるのか。なぜ、他人に集中する人間と、自分にしか興味のない人間が出来上がるのか。そして、驚くことにこの二つは、みごとに合併共存し得る。……は、ぼくノビノビする人、わたしノビノビさせてあげる人、に聞こえて仕方がない』(遥洋子:著 / 働く女は敵ばかり / P80)

    『男性が高慢に育つ裏には、数多くの女性のあきらめがある。冷遇への、不平等への、幸せへの、そして、自分の人生へのあきらめ…。女性のあきらめが多いほど、立派な高慢男が完成する。』『「あきらめ」は何も主婦だけのものではない。働く女性にも深く根差している。一人の女性のあきらめが、社会で常に問題を起こす高慢男を育てる。どうか自分の幸せになることをあきらめないでほしい。それが世のため人のためだ。』(遥洋子:著 / 働く女は敵ばかり / P238)

    『だれかに対して自分が被害者であり続けることが、被害・加害の構造を温存することに貢献することになります(加害に貢献する被害者=被害者も加害に加わっている)。そうすると、自分が加害者にならないたったひとつの方法は、自分が被害者であることにノーと言う、それしかないんですよ。』(上野千鶴子×信田さよ子:著 / 結婚帝国女の岐れ道 / P210)

    『具体的にどういう行為をすると、被害者から抜け出したことになるか。』『…つまり、「わたしはあなたに属さない」ということなんですね。「わたしはあなたに属さない」ということは「わたしはあなたと違う」。』『Aという人がBという人にある行為をすると、BはAにそれをやめさせようとする。でもそういうことをお互いに繰り返している限りは、問題はずっと続きます。暴力もそうだし、子どもの問題もそう。そこでわたしが最初に話すのは、相手の行為をやめさせようとする前に「まず、相手とあなたのの間に線をひきましょう」ということです。この線からこっちはあなたの問題、この線から向こうは別の人の問題、というふうにして、誰の問題かということを整理するところからはじめるんです。』これはわたしの問題、これはあなたの問題。この問題については、わたしは基本的に関与できない。あなたが関与できるのは、ここからこっちのあなた自身の問題だけ、というふうに整理していくと、非常に具体的なリアルに問題が解けていくんです。(※写真)』(上野千鶴子×信田さよ子:著 / 結婚帝国女の岐れ道 / P210)

    『パーティでは年下の男性が甲斐甲斐しく動いた時だ。皿を運び、酒を注ぎ、氷を取りキッチンに走った。ほとんど喋ったり楽しんだりせず常に神経は皆に集中していた。』『のびのびくつろぐ女性もいた。「あれとって」と言い、「肩もんで」といい、「もういいわ」とは言わなかった。その男性は肩をもみ続け、ほとんど食べていなかった。』『私にはわからないのだ。一方が痛々しいほど気遣い、もう一方が果てしなくくつろぐのではなく、皆が集まって皆が楽しむのは不可能だろうか。根性比べでもなく、男女逆転でもなく、私がほしいのは対等な関係だ。』(遥洋子:著 / 働く女は敵ばかり / P98)

    被害者と加害者はお互いの行動によって影響しあう。加害者が『オラ!』と怒鳴れば被害者はその声に恐さに『影響され』縮こまる。被害者が加害者を怒らせないよう、気をつかう行動が加害者に『影響』し加害者はますます気が大きくなる。加害者は被害者をつくり、被害者は加害者をつくるという、パズルのピースがぴったり噛み合うように、『お互いに合わせ』ながら影響しあう。仕事でも、クライアントに、(古風な嫁のように)尽くせば尽くすほど、気を回せば回すほど、デザイナーの仕事量が増えデザインの仕事ではないような雑用までやらされる、というパターンをいくつか見てきた。(やった場合もあり)結局、これも相手と自分の間に線を引かないことで、相手の仕事が自分の仕事に、相手のミスが自分のミスになってしまっている例だと思う。そしてその関係を生み出しているのは、デザイナーでもある。会社の上司との関係もそういった場合があると思う。…逆にそういう線引きの意識を持って、しっかり全体の流れと損得を見極めている会社はいい仕事をしてると思う。実際の生活で、そういったことをストレートに言うことはできないけれど、意識を持ってじわじわとやってくテクニックがあると思う。只今それを勉強中(わたしの場合まずコミニュケーションスキルが激しく足りないが)。仕事や家庭で『ムキー!』と思うことがある人、幸せをあきらめないで『うまくしてやったり』ってニヤッと笑える人になるよう、お互いがんばろ。

  • 勉強になった部分。
    ・(女向けのサービス産業は)女の風俗(64頁)
    ・「本当のわたし」踏みつぶしてやりたい言葉、男に選ばれるという存在証明(70頁)
    ・権力とは状況の定義権である。(初出どこ?167頁)
    ・指導教官というものはポジションとして加害性を持つ(244頁)
    ・(理論というのは正しいか間違っているかのどちらかではなく)「つごうがいいか、つごうが悪いか、どちらかだ」(245頁)
    ・「真理」や「正しさ」が、結局はだれかのつごうを隠蔽していることに無自覚なだけ。(246頁)
    ・欠乏があることは、恥でもなんでもない。それをよそから満たすスキルがあればそれで十分。(265-頁)

  • おもしろかった。
    上野千鶴子の本は読んでみたいと思って、図書館で借りてきたりするのだけれど、どうも読みこなせないというハードルの高さを感じていたのですけれど、対談だと読みやすいわね。
    でも、上野さんにも信田さんにもしかられているような気分にさせられる本でした(苦笑)
    でもためになります。本当に。
    結婚の価値の高さをわかりやすく怖く解説しているという感じです。
    あと、わからないことを「わからない」とはっきり言うというのが潔いとホントに思う。
    そして、女同士の話の広がりはどんな話でもどんな場でも変わらないと思う。
    いろんな方向に繋いでいって、広がっていって、興味の赴くままって。

  • 信田さよこさんは、名前は聞いたことがあるが、読んだことがなかった人。
    やわらかいタイプのようで、現実に即した感覚で話されているような感じで、理想論だけでない、感じがするのがよかった。

  • カウンセラーと教授という立場が明確にあらわされた表現の本だっちう感じ

  • 原宿カウンセリングセンターを運営する信田さよ子と上野千鶴子の対談。かなり心理学寄りの内容。

全12件中 1 - 10件を表示

上野千鶴子の作品

ツイートする