八丁堀喰い物草紙 江戸前でもなし

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (11)
  • (36)
  • (38)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 167
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062124843

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  北町奉行所、臨時廻り同心の椙田忠右衛兵門の長男で、隠密廻りの同心正一郎へ嫁いだのぶの心細く侘しい様子が、綴られていました。
     ちょっと風変わりな舅とのやり取りがとても心温かくて、そして各章に出てくる料理も豪華料理というわけでは無いのに、なんともおいしそうで食べたくなりました。
     偏食ののぶがそれを恐る恐る食べるのですが、その様子が可愛い。
     そして、偏食が少しずつ変わっていきます。でも、なんと言っても心寄せる人と一緒に食べる料理が一番。
     「卵のふわふわ」は格別においしそう、味わってみたいです。

     同じものを一緒に「おいしい」と食べられる事は、幸せへの第一歩だと思いました。
     悲しい出来事も起こったけれど、とても心穏やかに読み終えられたやさしい物語でした。

  • 北町奉行所の同心、椙田家の家族の物語。
    我儘で威張っていて現代だったら、DVだと言われかねない行動を重ねる正一郎とぼんやりでひどい偏食持ちの妻のぶ。
    二人を優しく見守る姑のふでと舅の忠右衛門。
    この忠右衛門がかなり変わった人で、すごい頭脳の持ち主だけど、剣の腕はからきし駄目。一年ほど行方不明になったが、ある日ひょっこり帰ってきたなどの逸話の持ち主。そしてかなりの食い道楽。忠右衛門が語る食べ物のうんちくはとても面白かった。
    ただラストはあまり好きではないかなぁ。

  • ハゲシク食道楽本かと思ったけど,そうでもなかった.
    でも,たまにはこういうのもいいかな.
    卵のふわふわ,今度作ってみまっす!

  • 再読です。
    宇江佐さんは食べることが好きな方だと思う。うん。

  • 舞台は江戸時代。
    食いしん坊のお舅 忠右衛門と、好き嫌いの多い嫁、のぶを中心とした
    じーんと来る連絡短編集。

    一話ごとに出てくるお料理が美味しそうで、自分でも作ってみようかなと
    思ってしまいました。

  • 食いしん坊の舅と好き嫌いが多い嫁の
    やさしくせつない人情話。

    各章ごとの料理が
    ちょっと真似して作ってみたくなるくらい
    おいしそうです。

    水雑炊が食べてみたい‥‥‥‥

  • 卵のふわふわ………。
    おいしそう。

    現代でも作れる料理なんだよなぁ。
    今度作ってみよう。
    砂糖がポイントね。

    しかし、お嫁さんとお舅、お姑さんの関係はすんごく、私もうらやましくなるくらいいいのに、この旦那はいかがか。

    本当のところはこのお嫁さんが好き…みたいなんだけど、たとえそうだったとしても、私がこの嫁さんの立場だったら、あんな言い方されたら無理だなぁ。
    「母親はどんなしつけをしたんだ」とかさぁ。
    即離婚だね。

  • 江戸が舞台の人情モノ。ヒロイン・のぶの心の機微が細やかに描かれていて、若い女性が読んでも面白いはず。最後の方はじれったい(色々と)間で飛び交うギャグも良い味出してる。

  • 煮炊きの煙は、人の心を暖める。 夫との心の行き違いは、食い道楽で心優しい舅(しゅうと)に、いつも扶(たす)けられる。
    「のぶちゃん、何かうまいもん作っておくれよ」喰い物覚え帖に映し出された心模様。
    蓋を開けりゃ、埒もないことの方が多い黄身返し卵。はかない色と味の淡雪豆腐。別れは水雑炊。走りの食べ物としても乙な心太(ところてん)。1個ずつしかできない卵のふわふわ。「無用の用でございますよ」のちょろぎ。

  • 思い出の味はせつない。

    主人公と夫の正一郎の心のすれ違いがせつないお話。
    そしてそんな嫁を暖かく包む舅の『のぶちゃん、何かうまいもん作っておくれよ』のセリフ。
    好きな人と心がすれ違った経験のある人はきっと泣いちゃうはず。

    そして食べ物の描写のおいしそうな事。
    特別な料理でもないのにそそられます。
    私は思わず作っちゃいました。

    宇江佐さんのつけるタイトルが好きです。
    「卵のふわふわ」というこのタイトルもいいな。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年函館市生まれ。函館大谷女子短大卒業。95年「幻の声」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。2000年『深川恋物語』で吉川英治文学新人賞、01年『余寒の雪』で中山義秀文学賞を受賞。人情味豊かな時代小説を得意とし、著書は「髪結い伊三次捕物余話」シリーズなど、多数。2015年11月、惜しまれつつ、没。

「2016年 『口入れ屋おふく 昨日みた夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇江佐真理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有川 浩
宇江佐 真理
宮部 みゆき
冲方 丁
湊 かなえ
宇江佐 真理
有川 浩
宇江佐 真理
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

八丁堀喰い物草紙 江戸前でもなしを本棚に登録しているひと

ツイートする