アフターダーク

著者 :
  • 12345
3.17
  • (165)
  • (440)
  • (1546)
  • (239)
  • (61)
本棚登録 : 4209
レビュー : 711
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062125369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なぜか、村上春樹の本に惹かれるのだ。アフターダークは、最近の本だが、昔のノルウェーの森とちっとも変わらない、と、わしは思うのだ。一般的な世評では、文体が変わったとか、新たなチャレンジと評されているけど、わしにとっては、今も昔も同じに感じる。

    ありのままの人間とは?奇麗事ではない真理?人間の弱さ強さ?を問う作品だと思うのだ。この作品にも、やはり壁が出てきて、あちらの世界、こちらの世界って感じで描かれている。ただひとつ、今までと違うのは、第三者の目があって、その視線が登場することだ。おもしろかった。

  • 感覚的すぎて理解の範疇を超えていました。

  • 「視点」となって一夜の出来事を追っていく、っていうのは斬新。

  • ある夜を切り抜いた話。私たちはカメラを通して物語を観ているという設定。
    登場人物の会話に若者らしさがないです。
    謎というか、解釈を読者に丸投げしています。不可解です。
    姉の迷い込んだ世界は何?そこにいたマスクの男の人は誰?
    白川が「そうしないわけにはいかなかった」理由は?文章が強調されているのに理由は明かされることなく終わります。
    その夜の出来事からいったい何を言いたかったのだろうか?
    決定的な何かが起こりそうで起きない。いや、起きているのに何かが隠されているような感じ。

    印象的な部分は高橋とコオロギがそれぞれ語っている場面で似たような解釈の文面が出てくるところ。
    二つの世界を隔てる壁なんてものは、実際には存在しないのかもしれない。
    私らの立っている地面というのはね、しっかりとしてるように見えて、ちょっと何かがあったら、すとーんと下まで抜けてしまうもんやねん。

    最後まで惹き込まれましたが、わけのわからない読後感です。

  • 〈内容〉真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。

  • 夜が明けていくまでを淡々と綴った小説。
    今までとは違い三人称のような視点で、物語を追う私たち。
    主人公のマリ。彼女には姉がいるが、2ヶ月間眠り続けている。
    それが一体「何なのか」提示されることはない。
    ストーリーにも特筆する場面はあまりなく、
    何かが起きそうな予感を孕んだまま夜が過ぎていきます。
    はじめて村上を読む人には全然おすすめ出来ませんし、
    面白くないと感じる人が多いのも分かります。
    しかし、文書は磨き抜かれた水のように澄んでいる。
    夜という異世界が好きな人に。

    [2004年、日本、294P]

  • 村上春樹インタビュー集を読んで再読。なるほどダイアローグと地の文がずいぶん違う。何に続くのかが良くわかる。吉本隆明が『僕らの世代で成長を実感出来る小説家は春樹と龍まで』というのも分かる。賛成はしないけど。

  • 一夜の出来事。際限なく超越的な視点を持ちうる読者は、壁を床を天上を、そしてブラウン管の向こう側を苦もなく縦横に飛び回る。もっとも個別具体的な名前や顔を冠した土着的な肌触りは、しばしば著者の枕として語られるように、要請されない。それはコンビニエンスストアの乳製品類の棚に紛れ込んだ銀色の携帯端末のごとく。
    しかし少なくない数の人が羨む鳥の羽を得た我々が読後、ときに哀れみながらも降り立つこと叶わぬあるフィールドが描かれた客体のそこかしこに屹立しているように感じられる。それはおそらく、時間である。人物たちはたとえば19才の冬の一夜を起点として、その未来も過去も織り交ぜながら流れの中を生き続ける。やりきれぬ後悔、古傷をときどき撫でてやりながら。鏡の中に焼き付けながら。
    クリエイションについての自己言及を思わせる一文、作品を跨って反復的に登場する何かに追われ続ける存在、寄り道をしながらついばんでいくのも一興。

  • 人間の眼球には白目と黒目にあたる部分があり、それは互いに涙で滲み合っていて境界線はデジタルではないように見える。私にとって白目は太陽ではなく、まるで日暮れから闇夜にかけて現れる月や星の光だ。月光はその周りに中間地帯を作る。濃淡の階段だ。

    だから日の出の瞬間、太陽のほうもためらって、輪郭さえ震えて見える時だってあるのだろう。夜明けの時間は特別で、夜は人間にとって必要なものだ。私たちの学問によって、人工の太陽がいくら明るさを極め、夜をすっかり支配できる可能性を主張しても。

    この作品は、夜を軽視して、人が、自身が、圧倒的な光を求めることをほとんど止めることができなかったばかりに犠牲になる少女たちが描かれている。一人は深い眠りに落ちたまま二か月覚醒しない芸能人で美人の姉。一人は繁華街で連日連夜の性的興奮に巻き込まれる中国人の19歳の売春婦だ。

    主人公は芸能人の姉を持つ妹。妹は、一日の中に身を隠せる暗闇を持てなかった姉を時計の上だけでもトレースするように、ある一夜を眠らずに過ごす。

    その夜、主人公と同い年の19歳の中国人少女が、売春の顧客にかなりきつく殴られた上、身ぐるみまで剥がされた。その少女と主人公が得意とする中国語で短いやりとりをする。そして友達になりたいという今まで彼女がほとんど誰にも抱いたことのない感情を抱く。それは叶うことが難しいけれど、この夜「役に立った」彼女の外国語の修得能力の高さは、異文化だと、あまりに違う人種だと、言葉がうまく届かないのだと姉のことを思ってきた感覚をいずれ塗り替えるものには繋がらないだろうか。姉に通じる言語や世界観を察することのできる才能が妹にはあるのではないか。

    そういった出来事を経た妹がその夜明けのころ、目覚めない姉の休むベッドにそっと潜り込む。すると姉の顔に一秒の十分の一くらいの素早い震えが起きる。

    太陽は今震えていても、昇りきってしまえば直視はできない。美しい顔がはっきりとさらされて、彼女の眼球よりもそこを囲む姿かたちがちやほやされる。生活も忙しくなる。でも姉にはもう、こうして本当に、妹が戻ってきたのだ。

  • とても好きな作品!村上さんの頭のなかのぞけた感じ。

    最初から共感する部分が多数。
    この世界がある生き物の様であるとか。

    そもそも小説の語り手?とかだれに説明してるの?って不自然さを感じていたけれど、それが見事に表現されていたと思う。
    カメラアングルまでしっかり創造されていて、すごい本だと思います。

    登場人物たちの話も深い。

全711件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

アフターダークのその他の作品

アフターダーク (講談社文庫) ペーパーバック アフターダーク (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

ツイートする