アフターダーク

著者 :
  • 12345
3.17
  • (165)
  • (440)
  • (1546)
  • (239)
  • (61)
本棚登録 : 4210
レビュー : 711
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062125369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • デニーズで村上春樹の『アフターダーク』を読了した。なかなか面白い小説だった。

    この本で僕は、読んでいる僕のこの現実の文脈と、小説世界がリンクし、錯綜して「読まれる」という特異な読書体験をした。思い出される新宿の夜の街と、デニーズの店内で机の上に置かれたコーンスープ。それらが僕の記憶と小説を結び付け、そうしてはじめてこの作品は意味を帯びるかのように僕には思われた。

    新宿であの日起きたことと、幼い頃によく母親がつくってくれたコーンスープ。前者について、朝の光によって更新された言葉を用いては、僕は説明を加えることはできない。それはどちらかというと、背後に過ぎ去ってしまった、古い時間性のなかで、太古の言葉として語られるべき性質のものである。後者は幼き日の僕の安心の象徴であり、目の前に置かれたデニーズのコーンスープとは似ても似つかないものだ。そしてそれは、マリが姉のベッドの中で感じた安心と、おそらくどこかで繋がっている。

    このような個人的な体験を作品の解釈に持ち込むことは、作品の読み方として正しい方法だろうか。

    僕はこのような小説の場合、そうした読み方こそがふさわしいのだという気がしている。

    三人称的な視点から俯瞰されたその小説世界には、読み手自身の存在や経験をそこに置いて、「その世界と共に読む」という体験を可能にさせてくれるだけの余地が与えられている。

    むしろ、そのように自らの実存を投げ入れることによって、読者は自ら小説の断片を繋ぎ合わせ、それによって意味を紡ぎ出さなければならない。そうして意味の連環は、読者の存在によって閉じられる。それを読む主体の背景に広がる、テクスト外の現実と繋がることによって。

    このような小説は、確定的な意味を求めて読んではならない。おそらくは、このように曖昧で、意識化することすらできない自己の内面の真実に照らして、読まれなければならない。

  • 村上春樹節炸裂!観念的すぎてついていけなかった・・・

  • 好きじゃない

  • 心の闇と現実社会の闇、自然界の物理的暗闇。闇をどう見るか、どう見えるかは我々ひとりひとりの心の中のフィルター次第ではないか、ということを考えてみた一冊。

  • ありゃりゃ。
    以前読んだよ。でも…
    けっこう忘れてる、内容。
    こんな本だったっけ?

    こんなやさしい物語だったっけ?

    後ろから肩をたたかれたら
    どうしよっ!

  • これは村上春樹なのか。なんだか淡々とただ出来事を書いてるような。東京は一夜にしてたくさんの物語が存在する、というようなことを言いたかったのか。なんだか物足りない作品だったかな?

  • 村上春樹の本を初めて読んだ。もっと読んでいきたいな。
    主人公が同い年で中国語がしゃべれてという憧れの想いを持って読んでいた。
    p.250.251が好き。
    日本文学概論Ⅱの教材として扱うのは楽しみだな。『ゆっくり歩け、たくさん水を飲め』
    2015.9.28

  • かなり前に一度読んだことがあったのだけれど、完全に内容を忘れていた。

    ぞわっとする作品だった。
    いろんな形でリンクが張られていて、あっちもこっちも繋がっている。
    一見無関係のようで、根を辿っていくと、結局同じものにぶちあたるような。

    みんな、闇とつながっている。
    闇が、人の心の暗い部分をむきだしにするのか。
    闇は確実に存在する。
    でも、朝の光に救われて、人は生きていくのか。

    生きる苦しさの、手触りを感じたような思いがした。

  • ①/40

  • 再読
    3兄弟の挿話による「知的好奇心」の定義を確認する。
    しっかし覚えてないなぁ。
    深夜のデニーズから物語が始まるのは覚えていたけど、それ以外はホントに新鮮。3人称による語り口が不思議な感じをもたらしているのかな。

全711件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

アフターダークのその他の作品

アフターダーク (講談社文庫) ペーパーバック アフターダーク (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

ツイートする