アフターダーク

著者 :
  • 12345
3.17
  • (165)
  • (440)
  • (1546)
  • (239)
  • (61)
本棚登録 : 4209
レビュー : 711
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062125369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり村上春樹は謎。

    眠り続ける姉って…。

    面白さが分からなかったけど最後まで読めたので★2

  • 何年か前に流し読みしたものを再読、と思ったけど苦痛で挫折した。

  • そーいや、アジカンの曲に同タイトルの作品があったっけ…と思い、何となく手に取っただけ、だった。
    実は、村上春樹の作品を読むのは初めてなのね…σ(^_^;)

    某曲のように、夜の淵からぱっと飛び出して…!
    といった爽快感はまるで無く、深夜から夜明けまでの数人の登場人物の動きや人間模様が、視点を変えながら地味~に展開されている感じ。

    結局「こういった結末を迎える」…というわけではなかったし、登場人物の基本的背景そのもののレベルで謎が残っているので、不消化感が否めない。
    そこが気に食わない人もいたんだろうね。

    でも、凄いなぁって思ったのが、行動や心理の描写が凄くリアルであること。
    ああ、都会の夜の一角ってこういう感じなのか…と思ったり、情景的に「あるある~」って納得いくものがあったり…

    その辺が凄く印象深かった。

    結構批判されているみたいだけど、私個人としては悪く思わなかった。
    村上氏の他の作品も、気になる気になる(・∨・)*

  • 「アフターダーク」(村上春樹)を読んだ。8年振りくらいで二回目。村上さんの作品はたいてい複数回読み返すのだが一回読んだきりで顧みることのなかった私としては珍しい作品。たぶんそれまでの村上春樹とは全く違うテイストだったので戸惑ったんだろうな。改めて読めばやっぱりこれは村上春樹だよ。

  • よく理解できなかった。

  • (2005年1月のブログより転記)

    約1.5時間で読めた。読み始めると止められなくてね。ハルキらしい要素がいっぱいだったけど、彼の小説のなかではなんか平凡。

  • 105円だったので購入
    お昼休みなんかの
    「ちょっとだけ時間ある」って時に読んでいたんだけど
    続きが気になる!という気持ちにはならないお話だった
    続きは気にならないけど
    なんとなく読み終わった

    おねーさんが閉じ込められて
    でも結局、元の部屋に戻ってくるくだりがよくわかんなかったなー
    閉じ込められてるのはそういうことなんだろうなーと思うけど
    戻ってくるところがちょっといまいち・・・
    白川さんの意味もいまいちわかんないなー

    でも24みたいな(見たことないけど)
    何時にあっちでこういことがあって
    こっちでは何時にあんなことがあってっていう
    お話の進み方は好きなので読みやすかった

    気が向いたらまた村上春樹読んでみようと思ったので
    星はフツーの3つ

  • ぜんぜん面白くない

  • 真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。真夜中の街に留まる少女・マリと、静かに純粋に眠り続けるエリ。一夜の不可逆的な時間軸の出来事が織り成す、ひとつの夜の闇と光を描いた、村上春樹の長編小説!

    ↓利用状況はこちら↓
    http://lib.nit.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00020509&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • ふんわりしてて、わりと好きだけど、きっとすぐに内容を忘れてしまうとおもう。
    特徴がなにもない。
    高橋とマリの会話はよかった。

全711件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

アフターダークのその他の作品

アフターダーク (講談社文庫) ペーパーバック アフターダーク (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

ツイートする