アフターダーク

著者 :
  • 12345
3.17
  • (165)
  • (440)
  • (1546)
  • (239)
  • (61)
本棚登録 : 4209
レビュー : 711
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062125369

作品紹介・あらすじ

真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。「風の歌を聴け」から25年、さらに新しい小説世界に向かう村上春樹。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 驚くべきは実際に読んでいる時間、つまりページ配分がリアルタイムに近かったこと。いや6時間はかかっていなかったが、章ごとに休憩などいれたら結果そうなった。さらには同じ時間で追っていくこともできたと思い悔やんだ。
    春樹作品としては異色といえる。どう考えても新宿だし、デニーズもならば初台店だ。香川県だの作中に示されてもどこか別世界のそれとし読ませられてきたのだが、今作は実にリアル。分かり易いヴィランも設定して、いつもと違う感が大きかった。でもやはりその軽さの中にも読後感の充実ははずさない。

  • なんとも言えないお話でしたが、映画を観ているような不思議な作品でした。
    それはそれで嫌いではないので、好きです。
    一晩のお話にしては濃すぎる、と思いましたが、映像的です。
    白川のその後が気になります…組織に押されてしまうのか。。
    他の登場人物のその後も気になりますし、余韻の残る作品でした。
    眠れない夜中にゆるゆる浸るのに良さそうな世界です。

    そして読み始めてから気付いたのですが、多分「アンダーグラウンド」と思ってこちらを借りてきている…今度は間違えません。

  • 深夜な感じはあるかな。嫌いじゃない。

  • 一夜の出来事。とてつもなく切なかった。愛らしい。

  • 相変わらずの村上節健在。
    物語は展開するが相変わらず答えは見えそうで見えない。

  • 人間は、記憶を燃料にして生きていくもの

  • 正直、難解です。
    本作は中編小説なのでボリュームはあっさりしてますが、その分あっちこっちでエピソードは納得の形では回収されません。読んでて、あの話どこいった?となってしまいます。

    でもやはり一気に読み終えてしまう、ある意味魔力がある文章ですね。

    深夜の23:56〜6:52までの出来事ですが、個人的にささったのは、夜明け前の早朝の情景の描かれ方です。夜の帳から輝く朝が混ざった空気の中、深夜に生きる人と朝に動き出す人が混じり合う時間帯。徹夜明けの新宿駅前を思い出します。

  • 生まれ持った感性、周囲の環境や風潮、生まれてから見たもの、聞いたもの、触れたものは人それぞれ。そして各々が無意識に「姉」や「妹」という「役」を演じる。こうして『がらっと色合いの違う人格』が生み出され、別々の人生を歩むのではないだろうか。

  • 一気に読み終わるので、筆致は好きなんだと思う。読んでる最中の世界観も嫌いではない。でも、毎回読了感に悩まされる。2004年になにも思って筆者はこの作品を書いたんだろう。世紀末からの夜明けを表現したかったのかしら??いずれにせよ、何か通り過ぎていった。。

  • 春樹の作品にしては陳腐な言葉が目立って幻滅してしまった。

全711件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

アフターダークのその他の作品

アフターダーク (講談社文庫) ペーパーバック アフターダーク (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

アフターダークを本棚に登録しているひと

ツイートする