アフターダーク

著者 :
  • 12345
3.17
  • (165)
  • (440)
  • (1546)
  • (239)
  • (61)
本棚登録 : 4210
レビュー : 711
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062125369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 街は夜も眠らない、と知ったのはいつ頃だろう‥この作品を読んでふと思った。村上春樹の円熟した筆致が、都会の夜のダークな部分を静かに呼吸するように伝えている。空を飛ぶ鳥の目を通して。

    実体をあとに残し、質量をもたない観念的な視点となって、鏡やTV画面を通り抜け、登場人物を、あちら側とこちら側の世界に自在に行き来させながら、サラサラと小説は進んでいきます。

    副音声的な描写が、読み手の感情移入をあえてかわすよう施されています。宇宙船の内部を見ているような錯覚にとらわれる不思議な作品。不可解さといくつかの暗示の中で、作中に出てくる映画『ある愛の詩』を「ハッピーエンド」としていることが、春樹さん独特の伏線なのだろか?
    数ある村上春樹作品の中でも、個人的にはとても落ち着いて読めた作品。作家としての熟成を感じます。

  • この作品において「私たち」という主語の導入は確実に有効だったと思う。ある意味で小説世界に存在しない視点ではあるが、読書体験においてはいかなる場合にも存在する視点である。これを明示し、かつ劇中の人物と対比させる(ように感じる)ことで、読者は自らに隣接する世界の認識の限界と可能性を容易に感じることができる。単に「物語」を追うよりも、受容される量はずっと大きくなる。
    そして単純に、おもしろかった。事件は起こらないのだけれどそれがまたいい。

  • 一夜に起きた出来事を淡々と語る、最後までそうやって進んでいく話。新境地と言われても村上さんの本はノルウェイの森しか読んだことないから分からん!そういうことは置いといて、私はこれ好きだな。楽しめた。

  • 一夜の出来事。とてつもなく切なかった。愛らしい。

  • 誰も着眼しないようなモノ?概念のようなものに生を与え、かつ組織があるような描き方に衝撃と、もう一つページをめくる手を止めなかった要因が展開が見えなすぎたこと。希望的観測がギリギリで叶わなかった!!
    1晩で読んでしまった…。おもしろかった!
    読み終わった後の余韻も心地よい。
    まさに深く暗い夜が明けた感じです。

  • 何らかの落ちのない話。
    マリと高橋のやりとりは面白かった。若い2人が知り合って、いろいろあって、これからどうなるのかというところ。マリの姉・エリについても、これからどうなるのか。落ちはない。希望らしきものはある。それぞれに。中盤から出てきた白川とは何者なのか。これも落ちはない。ラブホテル・アルファヴィル、マネージャーのカオルと、従業員のコムギ、コオロギ、独特の良い味。

  • 2016.3.25
    村上春樹は、ノルウェイの森を読み、おもしろい、もっと読んでみたいと思っていた。最近、ジャズにハマり、カーティスフラーのFive spot after darkを借りた。この小説のアフターダークとはここからとっているらしいと知り、読んでみよう、と。面白かった、けど、何が何やらわからない部分、しかしわからないながらも何かを感じている自分がいる。彼の作品は10代から20代にかけての人を主人公にすることが多いのだろうか。たしかに振り返ってみると、まさによく言われるように多感な時期、というものだったと思う。今以上に、そこは混沌としていて、ごった混ぜで、いろんなものがあった。全く理路整然としていなく、しかもそこから漂う気配というか臭気というか、そういうものもかなり強かった。それと同時に、それを認識する理性がなかった。意識がなかった。そこには見る私はいなかった。私の内なるそれと、それを見る私と、私自身という三段構造ではなく、私の内なるそれと、私自身というダイレクトな関係だったように思う。混沌を解釈によって理路整然とする意識とか理性とかいう作用は未熟で、故にダイレクトに漂うその気配にモロに振り回されていた気もする。今はいくらか落ち着いている。意識も理性もある。その分、あのいきいきとした内なるものの実感も遠のいた気もする。そんな自分の過去を考えながら、あのわけのわからなさを考えながら読んだ。彼の小説は青年期のアイデンティティを題材にしてるのだろうか。私が私であることの確信が成立する前の、不安定さというものを、その不安定さ故の不安定な生き方を題材にしてるのだろうか。作中気になったことは、ひとつは、もちろんなのだがあの顔のない男である。結局、なんだったのだろうか。他にも、マリも白川も、鏡の前で何かを待って、その残像が残る、というような記述もある。鏡の向こうとこちら、テレビの向こうとこちら、ここに何があるのだろうか。そして、隠喩的なセリフ、逃げられない。わたしたちからは逃げられない。それはなんだろうか。何から逃げられないのだろうか。マリとエリと白川に共通していることは、なんだろうか。デスクワークに向かう真面目なサラリーマンの一面ながら、娼婦を殴り飛ばす白川を考えると、この三者は三様に、自分の核みたいなものが揺らいでいる人間の気がする。そして夜とは、その揺らぎを、その振幅を強める時間なのではないだろうか。そういう経験はないだろうか。夜更かしをして、部屋にいるなり、散歩するなり、なんかそれまでの生活が、日常が、当たり前の世界観が、揺らぐような感覚、まさに異界にいるような感覚。「夜の闇のいちばん深い部分は既に過ぎ去ってしまったのだ。でも本当にそうだろうか?」そして「逃げられない」。夜は、我々の安定性を、当たり前を、世界観を、自己確信を、揺らがせる異界なのかもしれない。しかし、故にだからこそ、私は夜が好きだったりもするわけで。夜という一種の異界の時間を生きる人々を通して、人間の内面の混沌とした様、不安定性、人との出会いなどを描いた作品。夜というものに対する見方が変わる。

  • 海辺のカフカで村上作品デビューし、全くのちんぷんかんぷんで、以来、村上作品にはまったく手が伸びなかったんです。
    しかも「本は読まないなー。あっでも村上春樹は好きだよ。」って人が多い(ような気がする)上に、「俺、案外イケる口なんで(ドヤ顔)。」みたいな空気を感じ、分かる人には分かるオーラが鼻についちゃって、ものすごく足が遠のいてたのです。
    でも、世間の異常なほどの春樹熱を見てると、そんなにみんなが面白いと言ってるものが分からないって、なんかみんなずるい!悔しい!と思ってしまって(ちなみにスターウォーズにも全く同じこと思ってるところです)。
    ようやくようやく、再チャレンジしてみようと。

    すると、なんとまあ、なかなかおもしろかったのです。すいすい読めてしまった。しかも、もっと読んでみたいとさえ思っている。驚き!
    いや、でも、海辺のカフカを読んだ頃の私が読んだら、たぶん、やっぱりつまんなかったと思う。
    自分の好みとか、マイブームとか、自分が一番よくわかってるし。
    なんか、大人になったな〜って思った。だいぶ前に成人してるけどね。
    これだけ語っておいてなんですが、中身については、語りません。知ったか感が出ちゃう気がして、恥ずかしいので。笑
    まだまだですね。

  • ありゃりゃ。
    以前読んだよ。でも…
    けっこう忘れてる、内容。
    こんな本だったっけ?

    こんなやさしい物語だったっけ?

    後ろから肩をたたかれたら
    どうしよっ!

  • かなり前に一度読んだことがあったのだけれど、完全に内容を忘れていた。

    ぞわっとする作品だった。
    いろんな形でリンクが張られていて、あっちもこっちも繋がっている。
    一見無関係のようで、根を辿っていくと、結局同じものにぶちあたるような。

    みんな、闇とつながっている。
    闇が、人の心の暗い部分をむきだしにするのか。
    闇は確実に存在する。
    でも、朝の光に救われて、人は生きていくのか。

    生きる苦しさの、手触りを感じたような思いがした。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

アフターダークのその他の作品

アフターダーク (講談社文庫) ペーパーバック アフターダーク (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

ツイートする