千の風にいやされて

著者 :
制作 : 新井 満 
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062125987

作品紹介・あらすじ

死別。その悲しみの底から再生した人たち。インタビューをもとに綴る、感動のルポルタージュ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 佐保美恵子(著)、新井満(監修)、講談社、2004年11月。『千の風になって』を読んだ読者からよせられた興味深いエピソードや、少し前に公立小学校の教育改革(浜之郷の奇跡)や、絵本や社会科の教材をもちいた「いのちの授業」で有名になった大瀬敏昭氏(故人)の話がのっています。特に大瀬氏は、亡くなる直前に『千の風になって』と出会い、次回の「いのちの授業」で使うつもりでいたこと(逝去のため果たせず)、『千の風に〜』と出会う1年前に用意された遺書に「風により新しい生を受け、風とともに旅立ちます」とまるで『千の風に〜』との出会いを予期したかのような内容が書かれていること、そして勤務先の浜之郷小学校の校歌が「かぜのしらべに」であることなど、まるで『千の風に〜』のために生まれてきたような人であることには、偶然の一言ではすませられない何かを感じます。

  • いつかお世話にならなければならない一冊になるのかな。

全2件中 1 - 2件を表示

佐保美恵子の作品

ツイートする