嫌われる言葉 ―― 部下と上司の常套句

著者 :
  • 講談社
3.05
  • (0)
  • (3)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :53
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062126014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言葉について知りたくて読書。

    口に言葉も重要であるが、切り返しの言葉も重要だと思う。熱くならず冷静に上手な切り返しの言葉のレパートリーを増やしておくといいと思う。

    ユーモアを交えて時代劇調で話すとか面白いアイディア。

    個人的には、
    おっと
    は使えそう。

    自分の言葉の癖を知ることは、言葉を見直すために必要だと思うので、無意識に話している会話を録音などして検証するといいと思う。しかし、自分の会話や声を聞くのは何とも苦痛な作業。

    自分が不快だとお感じる言葉があれば、意図的に封印する。これを繰り返していくのが現実的な方法だと思う。

    太字が多いと実は読みづらいと氣づく。

    読書時間:約30分

    • だいさん
      >時代劇調で話すとか
      これ、いいかも!
      2013/06/18
    • びあしん慶次郎さん
      だいさん、
      レスが遅れましたが、コメント有り難うございます。

      ユーモア精神が足らない私には有効な方法かもと思ったりしたでござる。
      2013/06/23
  • あるある、こういうの。まずは言葉から!

  • こういう言葉を言うと嫌われる。空気を読むにはその場の1人1人の人間の心理を考える。

  • 確かに意外と本音は見透かされてるし、不快にさせる発言は、多々あること、思い当たるが、ここまでいっぱいあると、全てを禁止する事は無理だなと、諦めの境地に至った。

  • 「難しい」は言わない

  • むむ、なるほど。

  • 2006/5/23

全8件中 1 - 8件を表示

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
佐々木 圭一
齋藤 孝
齋藤 孝
斎藤 孝
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

嫌われる言葉 ―― 部下と上司の常套句はこんな本です

ツイートする