淋しきカリスマ堤義明

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062127592

作品紹介・あらすじ

父・康次郎とともに二代にわたって作り上げた強固な「西武王国」は、あたかも「砂の城」のように崩れ落ちようとしている。彼はどこで、何を間違えたのか。堤一族の興亡と堤商法の破綻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2005年の西武鉄道株事件時に購読しました。

    コクドを頂点とする、西武鉄道、ライオンズ、プリンスホテル等、一大企業グループの元総帥。
    異母兄である堤清二氏率いた西武百貨店・西友等のセゾングループと堤義明氏との関係性も垣間見れて面白かった。

  • 西武グループ・堤義明に興味ある人はどうぞ。

  • 西武鉄道グループ総帥の堤義明がなぜカリスマとして君臨し、転落していったかを生い立ちや財務の面から検証する初心者が実態を把握するのにわかりやすい

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家、ジャーナリスト
 1950年、福岡県北九州市生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。経済誌編集者や週刊誌記者を経て、1988年独立。
 92年に『覇者の誤算─日米コンピュータ戦争の40年』(日本経済新聞社)で第15回講談社ノンフィクション賞を、2000年に『魔術師─三原脩を西鉄ライオンズ』(文藝春秋)で99年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞する。
 著書に、『ソニーと松下』(講談社)、『さよなら! 僕らのソニー』(文春新書)など多数。

「2017年 『日本企業が社員に「希望」を与えた時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立石泰則の作品

ツイートする