個人投資の楽園 オフショア入門完全マニュアル ~お金の心配がいらない究極の人生設計~

  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (4)
  • (14)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062127660

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 情報が2005年当時のもので、かなり古い。
    それを差し引いても、本の厚さの割に内容が薄く感じる。
    情報を更新して今出したとしてもあまり価値はなさそう。

  •  オフショア地域で口座を開き投資を行うと、資産が簡単に増やせるらしい。オフショア地域では個人に対する所得税がゼロなので非課税で利益を受けることができる。どのくらい凄いのか、100万円を年利10%で運用すると25年後には1000万円を越えるのである。オフショア地域には年利10%のファンドなどは珍しくはないのだとか、日本と比べると金持ち天国である。貧乏人はどこにいてもある意味天国なんだけど(意味深長)

     アジア圏のオフショア地域は香港、ラブアン(マレーシア)、シンガポールなど・・・このレビューを読んでいるビジネスマンは早速行動しよう(笑

  • 具体的なオフショアの使い方が満載。
    海外投資を楽しむ会と双璧です。

  • 本棚に眠ったままになってたので、年末の本棚整理を兼ねて読んでみる。
    1998年の外為法改正でちょっと話題になったので、5~6年前に購入したままだったが、読んでみると分かりやすく丁寧に解説されている。

    ただ国際テロやリーマンショックを受けて最近は規制が厳しくなってきてるからオフショア投資のハードルは高いかなぁ(-。-;)

  • タックスヘイブンに本拠を置く、銀行に口座を開き、海外投資を進めるというのは分かるが・・・ちょいと敷居が高い。
    インターネットでその内敷居はなくなるとは思いますが、その前に規制の網が張られそうな・・・ 素人なのでよく分かりませんが・・・

  • その地の法人所得税率が25%以下をオフショアという、香港17.5%、シンガポール22%、プライバシー重視にオフショアで法人設立し現地人を役員にする方法も、HSBC口座開設にパスポート等の認証を弁や司法書士がやる、受信メールのサイトをクリックしないこと、投資予算は総資産の何%か余裕資産の何%かが基準、ファンドは過去10年の運用実績を見ること、うまい話にはウラがある、年利回り保証は危険、中途解約が可能か手数料はいくらかを確認、送金額が200万円を超えると金融庁に通報(今は10万)

全7件中 1 - 7件を表示

オーレン・ロースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
マーク・ダグラス
ロンダ・バーン
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

個人投資の楽園 オフショア入門完全マニュアル ~お金の心配がいらない究極の人生設計~はこんな本です

ツイートする