グランド・フィナーレ

著者 :
  • 講談社
2.89
  • (8)
  • (53)
  • (289)
  • (71)
  • (24)
本棚登録 : 741
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062127936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ごめんなさい、私、この人とは相性悪いみたいでよくわからなかった...><

  • 「グランド・フィナーレ」これまでの作品とはちょっとトーンが違う感じ。大人っぽい。でもすごく阿部さん。良かったと思う。。主人公の心の変化が自分には共感できたので…。痛みを感じました。

  • 芥川賞受賞作。

  • 結構、期待してた。
    でも読みとれないボクが悪いのか…

    今回のはちょっと残念。

    でも、自分の欲望…。
    他人に隠し続けている欲望…は
    自分でも思わぬところで
    タガが外れることがあるんだろうか…
    と不安に思ってしまった。

  • ただのリバイバル。

  • 映し出される出来事の意味は見る者の記憶に依存する。

    ある性癖とそれに伴う事件をきっかけに社会や家族から見放された人間が、その性癖と向き合いながら新たな生き方を模索する作品、と表現したらよろしいでしょうか。「倫理に悖る行いはダメよ」ということですね。

  • 請求記号:E/913.6/A12
    選書コメント:
    第132回芥川賞受賞作。
    社会的問題を背景に、外からは見えず見せられない複雑な内面がえがかれた小説です。
    (図書館学生スタッフ)

  • 時代と共に生きて、時代を切り取ったような内容の小説のスタイルは村上龍さんのよう。すごくアンダーグラウンドで静かに息をして暮らしている人の感情や生活を上手に描いているように思う。しかしながら、この手の内容を読むとアンダーグラウンドな世界観にわずかながらでもコミットした気がして暗くなる。

  • 最初ら辺の
    「いちいち面倒くさいなこの人」
    って感じの言い回しは割と好きだった。
    (ト)

  • 川上未映子さんの旦那様、阿部和重氏の芥川賞受賞作。なんじゃ、こりゃ。主人公がロリコン。それが原因で離婚され、大好きな娘にも会えない。ちょっとロリコンの方の気持ちが理解できないので辛かった…。芥川賞っぽい作品ではあるかも。私はちょっと苦手だけど。2013/105

全155件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グランド・フィナーレのその他の作品

阿部和重の作品

グランド・フィナーレを本棚に登録しているひと

ツイートする