グランド・フィナーレ

著者 :
  • 講談社
2.89
  • (8)
  • (53)
  • (289)
  • (71)
  • (24)
本棚登録 : 741
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062127936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み出し一発目、

    何なんだこの粋ったコテコテの文章は・・・

    とやや苦手意識を抱きそう、いやもうすでにちょびっと抱いとるなこれ、、と思う幸先悪い滑り出し。

    と思いきや途中から免疫がつき、むしろちょっと面白味を覚え始める。「グランドフィナーレ」は構成が面白い。怒濤の長文台詞で章を終わらせる斬新なスタイルが格好良く、決まっている。


    難解でナルシシズムに満ち溢れたこの独特な感じ、これがおそらく阿部和重ワールドなんでしょうなあ。

  • 結構、期待してた。
    でも読みとれないボクが悪いのか…

    今回のはちょっと残念。

    でも、自分の欲望…。
    他人に隠し続けている欲望…は
    自分でも思わぬところで
    タガが外れることがあるんだろうか…
    と不安に思ってしまった。

  • 川上未映子さんの旦那様、阿部和重氏の芥川賞受賞作。なんじゃ、こりゃ。主人公がロリコン。それが原因で離婚され、大好きな娘にも会えない。ちょっとロリコンの方の気持ちが理解できないので辛かった…。芥川賞っぽい作品ではあるかも。私はちょっと苦手だけど。2013/105

  • 雰囲気が合わない。
    ピストルズといい、何というか口調が気に入らないというか、違和感を感じるというか。文章の調子自体は良いのだが。
    情けないことにすっと読めない漢字が多かったことが原因かもしれない。

  • カメラ、淀み、エロ それらが絡み合う 神町が基礎に存在していて、そこで繰り広げられる話 なんか一文が長くて、印象的には大正時代とかの小説の雰囲気

  • ちょっとなー、というのが正直な感想。シンセミアほどのパワーは感じませんでした。

  • 神町サーガを鳥瞰する物語である『ピストルズ』を先に読んでいたため、味わいが半減してしまった。
    ただ、Iからの強烈な批判を受ける1部終了時点までは楽しめた。個人的にはあそこで終わってもよかった。
    表題以外の作品は、正直読む価値を感じなかった。

  • いつもの前半。別人が書いたような後半、ドキドキしたが、もうひとつ行って欲しかった。

  • 2005.6.19. 直木賞をとったし~っと思って、借りた。読みやすいけど、主人公と周りの人々が私には気持ち悪い。ちーちゃんへの愛情は、異常だ。主人公のモノローグがすごく嫌だった。ラストは清々しいが、後々どうなるんだ…?他、州力作は、ナントカ協賛でよくわからん。うん、好きじゃない。

  • 本編「グランドフィナーレ」に短編三つ。本編、主人公の悔悟の過程をもっと見ていたかった。足りてないです。
    後、要所要所、具にというより、笑っちゃうくらい回りくどい言い方してますけども、どうなんでしょう
    短編「新宿ヨドバシカメラ」が面白かったです。

著者プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グランド・フィナーレのその他の作品

阿部和重の作品

ツイートする