グランド・フィナーレ

著者 :
  • 講談社
2.89
  • (8)
  • (53)
  • (289)
  • (71)
  • (24)
本棚登録 : 741
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062127936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一文足りとも惰性で書いている感じがしない。
    一語一語言葉をより選んで書いた小説といった感じ。
    だからルビが振ってない言葉でさえもゆとり世代には厳しいものもたくさんありましたよ。鏤める(ちりばめる)とか顰め(しかめ)とか読めませんがな。
    でもこれも勉強になって、あー本読んだ!と気持ちになります。
    小難しい文体だけど、ストーリー自体は読みやすい。
    ロリコンという部分をのぞけば、普通の主人公(多分、世の中にいるロリコンの人もロリコンだからって全部が変人というわけではなくロリコン以外は全うな人も多くいる)の思考回路には結構人を笑わせる所があり、次へ次へと読んで行けました。
    東京偏で最後にIが言った「自分に都合がいいふうに解釈してるだけ。いろんなことをね。多分みんな凄く傷ついてるよ。」というはその通りです。
    「あらゆる知り合いや家族たちの生の声にも耳を傾けようとはせずに、こちらが勝手に仮構した各々の人物像にばかり視線の焦点を合わせて適度にコミュニケートした気になっていただけなのだろうか」
    ああ、そうです。こういうことが前提にあるのとないのとでは大きな違いだわ。。。と読んで思いました。

    最後の終わりかたもとても綺麗でよかったです。
    主人公のロリコンで、今までしたことから逃げるわけでもなく、なかったことにすることでもなく、自然なかたちで終わっていて、よかったです。

    他の「馬小屋の乙女」「新宿ヨドバシカメラ」「20世紀」
    「馬小屋の乙女」はとてもショートショートでたくさんの解釈を用意してる話です。
    ちなみにわたしの感想は、「よくわかんない」でした
    「新宿ヨドバシカメラ」と「20世紀」は小説という名の随筆に近い感じです。
    20世紀のホームビデオに対することで「喚起された当時の記憶は映像の欠如を補完する」というのはうんうん。と思いました。ホームビデオは余白が多すぎで、その場に立ち会っていない人には、イマイチついていけないのは、記憶の映像の欠如が原因なのか、、、と思いました。

    がっつり本が読みたいときにおすすめの小説です。

  • 阿部ちゃん。
    友達に薦められて読んでみたけど、まあなんという文章力。。

    石田衣良と東野圭吾読んだあとだったから余計強調されてた。

    物語はロリコンなおっさんの話でまあ普通。主人公ロリコンって少し普通じゃないけどさ。おもしろさは普通。

    でも優れた作家の条件って極端な話どんなにつまんない話でもおもしろく書けちゃえることだって自分では思ってて
    まさにその条件に丸っきし当てはまった阿部ちゃん。

    すごいよ。阿部ちゃん。また読んでみるね。

  • 「神町」そして、ふたたび…。土地の因縁がつなぐ物語。終わりという名のは
    じまり。表題作「グランド・フィナーレ」ほか三篇を収録。第132回芥川賞
    受賞作。

  • ロリータコンプレックスの話。全体的に地味(というのがこの筆者の持ち味なのかもしれない)な印象だったけど、面白かった。

  •  唐突に終わったな、というのが読み終わった最初の感想。題名は「グランド・フィナーレ」だが、話の内容では本当にグランドフィナーレなのかはわからない。続編が出るのではないだろうか? とすら思う。
     中身は時折出てくる不可解な比喩と掴みにくい文章のリズムが気にならなければ楽しめるのではないだろうか。「大の大人が何やってるんだ」と思わせるためのロリコンという設定だと思うが、その設定がなくても充分駄目な男を表現できたのではないだろうか。後半部分は「再生」というよりも「自戒」に近い。そう考えると、主人公が立ち直ったわけでもなく、何か解決したわけでもないんだなということがわかる。文章のところどころに「ニッポニアニッポン」や「シンセミア」とリンクする部分があるが、それを読まないと理解できないというわけではない。

  • 芥川賞は作品におくられ直木賞は作家におくられるとか、芥川賞は可能性や才能におくられ直木賞は実績におくられるとか俗説は多くあるが、なぜ阿部和重の「グランドフィナーレ」が芥川賞だったのかと思う。芥川賞は短編もしくは中篇小説におくられ、直木賞はどんなジャンルの小説をも対象になると区分した黒井千次さんの見解が一番正しいことをこの小説が証明した。
     余談はさておき、本小説の評価であるが、ラストのあり方には大いに疑問をもつ。もっと書いていただきたかった。あとは読者の解釈に任せるにはあまりにも横着過ぎやしないか。前半から中盤までのディティールの詰め方がうまいだけに残念に感じる。それが阿部氏の特徴なのかもしれないが、私は物足りなさを感じる。書ける能力がある作家だけに何故と思ってしまう。

  • この方の短編はすばらしいと思います。

  • 気持ち悪い感覚をここまでリアルに描写できる作家も早々居ないと思う。

    気持ち悪いぐらい巧い。

  • 実の娘にひどい仕打ちを与えたどうしようもない父親である主人公が離婚の後に帰った故郷で仕事を引き受ける。

    前半部分の主人公のどうしようもないながらも、何とか状況を打開したい真情と、後半に登場する二人の少女の登場によって何かが変わろうとしている描写が面白い。

  • 2006.05.20読了

著者プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グランド・フィナーレのその他の作品

阿部和重の作品

ツイートする