灰色の北壁

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (8)
  • (26)
  • (51)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :177
  • レビュー :38
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062128025

作品紹介・あらすじ

世界のクライマーから「ホワイト・タワー」と呼ばれ、恐れられた山がある。死と背中合わせのその北壁を、たった一人で制覇した天才クライマー。その業績に疑問を投じる一編のノンフィクションに封印された真実とは…。表題作ほか全3編。山岳ミステリー集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・黒部の羆☆☆☆☆☆
    山岳警備隊を引退し、山小屋の管理人となった黒部の羆と言う男の話
    以外な結末に胸が暖かくなる物語

    ・灰色の北壁☆☆☆☆☆
    天才クライマーへ向けられた疑惑
    彼が秘して守り抜いたものとは何か

    ・雪の慰霊碑☆☆☆
    山で息子を亡くした父親の葛藤


    ~三編ともに、山を愛する者達それぞれの優しさが詰まった物語です
    自分の足では到底無理だけど、山に登れたら素敵だろうなと感じる作品でした

  • 3つの短編が収録されている。
    3本ともおもしろかったが、やはり表題になっている「灰色の北壁」が一番おもしろい。
    「雪の慰霊碑」も男たちの心情が切なく伝わってくる。

  • 山にまつわる話三題。
    山には登らないが、山に対する熱い想いが
    伝わってきた。
    三本とも面白かった。

  • 雪山を舞台にした3編の小説集。山男たちの心情が描かれていて読みながら引き込まれていった。
    3編の中では、題名にもなっている「灰色の北壁」がよかった。

  • 山屋にはたまらない、山屋の話。共感出来すぎる自分が怖い。山で死んじゃダメ、ゼッタイ。

  • 1.黒部の羆 2.灰色の北壁 3.雪の慰霊碑 の3編収録。

    1.は遭難時に仲間を責めるのではなく、山を愛するからこそ、苦しい立場に置かれた友を救う気持ちを受け継いでいくのが肝心だという事。改めてクライマーには強靭な精神力が必要であると感じた。
    2.はホワイトタワーと呼ばれるヒマラヤ初登攀について、1枚の写真が訴える疑惑とは・・・。
    3.は冬山遭難で息子を亡くした父が、命日に同じ山へ向かう。息子と同じ山岳会に所属していた野々垣が真実を伝えようと・・・。

  • 著者の本は初めてだ。「黒部の羆」「灰色の北壁」「雪の慰霊碑」の3編が入っている。巻末に参考文献が載っていたが、「山岳警備隊出動せよ!」や「改訂冬季クライミング」、「ビヨンド・リスク」「登山の運動生理学百科」は登山関係者にはおなじみの本だ。
    3編の中では」「雪の慰霊碑」が良かった。

  • 山岳小説なんでしょう。
    「黒部の羆」「灰色の北壁」「雪の慰霊碑」の短編3作品
    「雪の慰霊碑」を読んでいると中山美穂の「ラブレター」が思い出された。たぶん山で死んだ恋人を思う彼女がでてきたかれでしょうね。

    「恋敵、死んだ人にはかなわない」

  • 山を題材とした小説としてではなくても面白かった。

  • うまい具合に話を繋げているな、と思った作品。
    山岳小説でした(笑)
    山岳を描く際というのは矢張り精神的なものの描き方というのがドコとなく大事だと思えてしまうのは実際自分が山に登ったことがないからなんでしょうね。
    あんまり大変さの想像がつかない、というか。
    矢張り挑もうとすら思えないというか。

全38件中 1 - 10件を表示

灰色の北壁のその他の作品

真保裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

灰色の北壁を本棚に登録しているひと

ツイートする