アンデルセン自伝 ぼくのものがたり

  • 講談社
3.42
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062128056

作品紹介・あらすじ

世界の子どもたちに「夢・希望・創造」を与えつづける童話作家の貴重な自伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆訳:高橋健二 絵:いわさきちひろ
    ◆訳者あとがきの「いわさきさんの絵には真実と夢とが溶け合っていて、詩情がにじみ出ています。それはアンデルセンの面目そのものです」はまさに言い得て妙。◆いわさきちひろのやさしい絵が添えられた『ぼくのものがたり』を読むと、この自伝がまるで童話のように、そしてアンデルセン童話があたかも私小説のように混ざり合う、不思議な感覚を覚えます。彼の人生の中に『絵のない絵本』が『みにくいあひるの子』が『人魚姫』が『火打ち箱』が『空飛ぶトランク』が見え隠れしています。信仰と夢想に支えられた苦しい詩人の日々。◆こんなに声変わりを心の痛みに感じていたなんて。そういえば、声変わりに絶望する少年がでてくるお話を読んだ記憶が(バレエ「こうもり」を演じていたような)。この苦しみから『人魚姫』も生まれてきたのかも。【2013/09/08】

  • 資料番号:020056354
    請求記号:Eオルセ

  • 「わたしの一生は美しいメルヘンです」デンマークの貧しい家に1805年に生まれ、感受性豊かな一風変わった子どもだった。
    14歳で首都コペンハーゲンに一人で出て苦労を重ねて才能が認められ、有名な童話作家になった。

    挿絵が美しい。

    アンデルセンは子供の頃から繊細で女と間違われ、お裁縫や歌が好き。一生独身だった。
    ゲイだったにちがいない。

  • アンデルセンってすんごい貧乏でお父さんも早くに亡くなって
    学校も行ってないから教養がなくて
    すごーく苦労して
    でも親切なひとにたくさん出会って
    才能もあって
    がんばって
    立派になりました^^
    って人らしい

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1902-1998年。東京生まれ。東京帝国大学独文科卒業。ドイツ文学者。中央大学名誉教授。第8代ペンクラブ会長,日本アンデルセン協会会長を歴任。訳書に『グリム童話全集』『アンデルセン童話全集』,著書に『ヘルマン・ ヘッセ』ほか多数。

「2022年 『グリム兄弟とアンデルセン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋健二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×