飆風

著者 : 車谷長吉
  • 講談社 (2005年2月8日発売)
3.10
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • 23人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062128087

飆風の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひょうの字初めて見ました。

  • ただの短編集かと思いきや、途中からは回顧録(?)に。手洗いする事が止められず、どんどん強迫神経症になっていく過程がかなりリアルに書かれています。小説を書いていたから病気になったのか、病気になったから小説家として大成したのか、謎ですね。彼の他の作品は読んだことなかったのですが、ちょっと興味が出てきました。

  • 読んで鬱になる作家の、現状ナンバーワンの車谷長吉。
    自伝形式の話なんだけど、これまた重苦しい。新潮社の編集者とかたまったものじゃないだろうな。最初誇張とか露悪とかと思ったけど、「赤目四十八滝心中未遂」の自画自賛を見て、これを書くかなあ、と。
    そんなこんなもひっくるめたやりきれなさがいいのであり、本としてはこれで面白いので、別にそれでいいんだけど。
    でも読んでいると、自分自身の過去の嫌なこととか、心の傷とか、傷つけてしまった人とか、将来の不安とか、そういったものが炸裂します。だから、読み終わってとことん、生きていくのが嫌になる。だからやっぱり、いい本なんだろうなあ。

  • 装丁のきれいな本は面白いに違いないと思い込んで,佐賀大学附属図書館から借りたが,裏切られた。暗い文章で読み込んでいくのが次第に暗くなってきた。旅の途中に読もうと借りた本なのに,内容が暗くては困る。困るのだ。

  • ていうかこのヒト自体が「最後の私小説家」っていう気もする。

全5件中 1 - 5件を表示

飆風のその他の作品

飆風 (文春文庫) 文庫 飆風 (文春文庫) 車谷長吉

車谷長吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

飆風はこんな本です

ツイートする