子どもはぜんぜん、悪くない。

著者 : 佐藤弘道
  • 講談社 (2005年4月21日発売)
3.49
  • (6)
  • (10)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
  • 64人登録
  • 18レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062129015

作品紹介

12年間、子どもたちを見つめ続けてきた「ひろみちおにいさん」が、はじめて語る自分のこと。そして、指導者として、父親として語る、子どもたちへのあふれる思い。「佐藤弘道」は、こんなに熱い。

子どもはぜんぜん、悪くない。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 体操のおにいさんとしての裏話だけでなくそれまでの課程とか見えないところも書いてあって面白かった。文章も読みやすい。

  • 感動した一文
    毎朝「おかあさんといっしょ」を楽しみにしてくれる人がいる。その人たちのためにできる限り頑張ろう。何もかも思い通りにいくと思っている方が間違いなんだ。今日できないことがあっても、明日少しでもよくなるようにすればいいだけじゃないか。


  • もの凄く微妙・・・
    ひろみちお兄さんが好きで読んだのではなく、
    彼の子育てってどうしているのかな?と思って読んだのですが、
    子育てについてではなく、彼の履歴書みたいな内容と感じました。

  • ひろみちお兄さんはものすごく格好いい。
    ちゃんとした人だ。ちゃんとした人に恵まれて、自分もちゃんと生きてる。ものすごく格好いい。
    親を責めるんじゃない、諭すような語りでありながら大事なことをきっちり伝えてくれる。
    教育(というか子ども育て)の本でこんなにニマニマしあわせな気分になったのって初めてかもしれない。

  • 弘道おにいさんの本!志の高い人だなあと思いました。

  • お子さんのいる方、そうでないかた、つまりいろんな方におすすめです。でもやはり子どもに接している人は読むといいかも。

  • タイトルに心打たれました。
    ホントそう思います。
    時々読んでは反省してます。

  • おかあさんといっしょの、体操のおにいさんを12年つとめた著者の経験から、いまどきの子どもと親、子どもとの遊び方など、感じたことを書かれています。ご本人の文章も読みやすいですが、お母様や奥様のインタビューからも人柄がうかがえて、ほっとできる一冊です。

  • 大人気元NHKの体操のお兄さんのひろみちお兄さんの書いた本。
    保育者の方に読んでもらいたいです。子供と真剣に向き合う事が大切って事を実感しました。

  • 06/03/31読了★最近良く民放でもお目にかかるので(笑)なんとなく…というか思わず?読んでしまいましたが。結構ファンにとっては隠された(というよりもTV契約上の規定で隠さずをえなかった)話が満載でたまらなかったでしょうなー。育児書としては12年間の経験論に徹しているので参考になりました。うちも父子でお昼寝ばかりではなく体操してほしいなぁと思った次第。

全18件中 1 - 10件を表示

佐藤弘道の作品

子どもはぜんぜん、悪くない。に関連する談話室の質問

ツイートする