職人力

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062129039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ソフトウェアの世界でも「職人力」に通じる何かがある気がするのだけど、まだ明確にイメージできていない。

    職人さんって、日本らしさがあってカッコイイ。
    日本には、武士というカッコイイものがあるけど、それに劣らず職人もカッコイイ。
    どちらも「心」「精神」的な何かが極まっている感がある。
    どんな職種でも、どんな仕事でも、極まるものはあると思う。この本で触れた職人魂、ソフトウェア業界で活かして頑張りたい。

  • 工業高校なので、小関本をバンバン読ませたい。

  • 小関智弘 講談社 モノを作るっていいなあ

  • 3年前まで旋盤工として働いていた、加工現場の作家。職人の重要性、必要性を力説しているが難しい問題である。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家、元旋盤工。1933年、東京生まれ。高校卒業後、大田区内の複数の町工場で50年余り旋盤工として働く傍ら、1975年、『粋な旋盤工』で作家デビュー。以降、ものづくりの現場で生きる人びとの人間模様を描いた作品を次つぎと発表。1981年には『大森界隈職人往来』で日本ノンフィクション大賞、2004年には『職人学』で日経BPビズテック図書賞を受賞。また、2003年には、科学技術普及啓発の功績で文部科学大臣賞を受賞している。著書に、『どっこい大田の工匠たち』(現代書館、2013)、『職人学』(日本経済新聞出版社、2012)、『町工場巡礼の旅』〈中公文庫〉(中央公論新社、2012)、『越後えびかずら維新』(小学館、2010)、『町工場・スーパーなものづくり』〈ちくま文庫〉(筑摩書房、2009)、『現場で生まれた100のことば』(早川書房、2008)、『道具にヒミツあり』〈岩波ジュニア新書〉(岩波書店、2007)、ほか多数。

「2014年 『町工場のものづくり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小関智弘の作品

ツイートする