日本力 アジアを引っぱる経済・欧米が憧れる文化

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (2)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062129824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んだなあ

  • ジャーナリスト・伊藤洋一さんの本。(多分ジャーナリスト)
    初版2005年6月、270ページ。

    読んだ時点が2012なので、7年前に出版された本ということで、
    諸々の情報・事情がだいぶ遅れている感が否めない。

    簡単に言ってしまえば、日本人自身の悲観論について懐疑的に見ていて、
    日本のソフトパワーの強さ、日中・インドなどとの付き合い方について提言をしている。
    総論では同意。
    ただ、内容的には若干古くなっていることと、分析が今の時点では深みがないので、アドバイス程度に読むべき本。

    ただ、江戸時代前期と後期と、高度成長期と現代の対比など、示唆に富む内容もある。
    一読して損はない本です。

  • ◆中国には祭りがない。かつてはあったが、共産党革命がおきた時に、新政府が祭りを禁止した。民衆の熱意が発揮される祭りが恐かった。

  • 中国理解の7つのキーワード
    ・グラジュアリズム
    ・最善よりベストな選択としての次善
    ・安定と効率
    ・合法より合理
    ・欠陥だらけの信用システム
    ・政治的リスクと統治の正統性
    ・桎梏としての社会主義

全5件中 1 - 5件を表示

日本力 アジアを引っぱる経済・欧米が憧れる文化のその他の作品

伊藤洋一の作品

ツイートする