現代思想の遭難者たち 増補版

  • 講談社
3.65
  • (8)
  • (12)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 116
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062130110

作品紹介・あらすじ

いしいワールドに分け入った現代思想の冒険者たちは、鬼才漫画家の頭脳内部で氾濫、溶解し、そして遭難!変わり果てた遭難者たちの姿がここに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは驚くべき本だ。

    これまで、哲学とか、現代思想みたいなものは、なんとなく興味をもった本をランダムに読んできた。解説書もあまり読まずに、できるだけ原典(当然翻訳もの)から読むようにしてきた。

    というところで、本屋の現代思想のコーナーで、この本を見つけたので、気晴らしに読んでみた。

    が、実に深い。
    哲学者の主張のポイントと哲学者の間の類似と相違点が実によく分かる。これまでほとんど興味の無かった人が、実は自分の関心に近い所にいたんだと発見したり。違う思想だと思っていたのが、結構、似ているところがあったり。「現代思想」に共通する問題意識に気付いたり。

    いわゆる「マンガで分かる哲学」みたいな本を遥かに超えている。いしいさんの頭のなかって、一体、どうなってんの?

    難点は、字が小さい事。手書きの字なので、老眼が進む私には、一段と読みにくい。

    そういえば、サルトルとか、それにつながる実存主義系の哲学者はでてきませんね。マルクスやフロイト、ニーチェはいまだに現代思想だが、実存主義はもはや現代思想ではないということか。

  • 哲学者たちも、この著者にかかればこの通りお笑いになってしまう。

  •  ハイデガーからエーコまで、現代思想の34人をとりあげたパロディ4コマ。ちろっとでもなめた(かじったまでいかぬ)人はより楽しく、知らない人でもそれなりに、楽しめるのがおそろしい。
     さいしょに1pで思想家のプロフィールと思想のまとめ、ほとんどの作品にはワキに解説あり。ただ人物をネタにしてるだけじゃなく、実在の事件、論争まで取り込んだネタの数々。もはや似顔絵をこえて、人格がにじみ出ているようなキャラクター造形(フッサールとフロイトの違いはメガネの形しかないような気もするが)。とくに好きなのはニーチェとマルクス。あいかわらずワカンネのがレヴィナス。いちばん笑ったのがポパーとウィトゲンシュタインのからみ。

  • いしいひさいち勉強してるなあ。
    四こまの隣の注および哲学的思考への慣れがないと分からないかも。
    まさに現代思想そのものが自ら遭難を選んでいるのではないかと(笑)

  • えー同じく講談社が『現代思想の冒険者たち』というシリーズを出してまして。ナゼカ我が家にも転がってるワケです。で、いきなり『ラカン』なんぞを読み始めてさっそく遭難して、すがりついたのがこの、いしいひさいちのマンガ。
    ハイデガーやマルクスからエーコまで、現代の思想家を軒並みオチョクリ倒してついでにざっくばらんに解説しちゃったりなんかして。とりあえず現代思想の入門の一歩前というくらいには実用的かも知れませぬ。ああもちろん、いしいひさいちで笑いたいというかたにはゼヒ御贈答用にもどうぞ。

  • 面白いが基礎知識がないと辛い。

  • いしいひさいちによる4コマと、注目すべき思想家(哲学者)の解説のドッキング。「哲学とか敷居高いし……」と思っている人にとってはなかなか気軽に手に取りやすい、良い試みだったと思う。

    ただ、内容が簡単か?というと全然そんなこともないので、あくまできっかけ程度くらいに考えたほうが良いかもしれない。というのも、1頁に4コマと解説がたっぷり入っているので、情報量が多く、よほど精通していない限り初読時は結構つらい。1回読んで満足する本というより、漫画がついているからこそ何回も読み直したい(読み直せる)、そんな本になっていると思う。

  • もちろん、これだけ読んで満足なんてとんでもないことは確か。でも、あるテーマをガチガチに掘り下げる傾向の強い現代の思想潮流にあって、そのビッグネームをひととおり把握するきっかけとしては悪くない。今後行き詰ったらこの本をぼーっと眺めて、新たな突破口を見つけられるかも。

  • きっと笑いのエッセンス満載なのですが、如何せん現代思想に関する知識が皆無。
    風刺は元ネタとされる事象への造詣がないと理解できんですよね・・・。

    5年後にはこれが理解できるような知識を持っていたいな。

  • もんだどんだい!のいしいひさいちさん。頭がいいです。いろいろなアプローチの仕方があるもので、、、。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年、岡山県玉野市生まれ。関西大学に入学し漫画同好会に入会。在学中より求人誌『日刊アルバイト情報』で「Oh!バイトくん」を連載し、大学卒業後、四コマまんが集『バイトくん』(プレイガイドジャーナル社)を出版。1985年に文藝春秋漫画賞、2003年に手塚治虫文化賞、2006年に菊池寛賞を受賞。現在、朝日新聞朝刊の「ののちゃん」を連載中。著作に「がんばれ!!タブチくん!!」「おじゃまんが山田くん」「地底人」「コミカル・ミステリー・ツアー」「現代思想の遭難者たち」「女には向かない職業」「となりの山田くん」「ホン!」「フン!」「ヘン!」「まぁ映画な、岡山じゃ県!2―シネママル珍風土記」「現代思想の遭難者たち」「ののちゃん①~⑪」など多数。

「2018年 『ののちゃん ⑪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいひさいちの作品

現代思想の遭難者たち 増補版を本棚に登録しているひと

ツイートする