ディズニーフェアリーズ―プリラの夢の種

制作 : デイビッド クリスチアナ  Gail Carson Levine  David Christiana  柏葉 幸子 
  • 講談社
3.55
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062130653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ティンクの一生懸命さがとっても可愛いです^^是非読んでみて下さい☆

  • かわいい表紙にウットリの本。<br>ティンクが主役なわけではないんですが、ちょこちょこ出てきますし、妖精たちがかわいいので、いつか買いたい。

  • 【図書館本】表紙はキラキラ、中のイラストもカラー。目に楽しい本だった。才能を“夢の種”と表現するのが綺麗だなーと思う。 プリラの一生懸命さと“夢の種”は一種の感動を覚える。 ……ところであの嵐は何だったのか? 最初ネバーランドがプリラ(笑い声)を拒否しようとした理由は? ……気になる。

  • フェアリーズのストーリーとして初めての書籍。
    終始とても悲しい気持ちが続くものの
    妖精たちそれぞれの思いや考え方に
    心をうたれます!
    私は泣きながら読む所もありました。

  • キラキラする表紙に惹かれて。
    程よい文章量でさっくり読めたけれど、充実の内容でした。

  • 妖精の話。第一段。プリラが初めてネバーランドに来た話

  • 夢がぁるキラキラ。


    これからどんどんフェアリーシリーズがでてくる第1段。


    絵がものすっごく奇麗。

    表現が女の子が夢見るものばかり。



    内容ゎ最後までかなしすぎる…


    最後ゎ報われるんだけど途中がかなりへこまされることばかり。。。


    もうちょっと夢のお話がいいと思う。。。


    これから続くお話もわりとそんな感じ。


    最初から最後まで爽快なのゎないもんだけど

    なんか悲惨だなぁ。


    ディズニーのくせに…

  • ファンタジー好きなら大抵楽しめるはず。<br>
    王道好きな私は大好きです。

全9件中 1 - 9件を表示
ツイートする