嫁盗み―重蔵始末〈4〉長崎篇

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062133388

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想未記入

  • 長崎編の1〜重蔵と団平が長崎奉行の中川と長崎まで来る経緯・家を借りて,その娘と知り合いになり,一緒に長崎に来た役人が妻と駆け落ちした幼なじみと対決。残った元妻の家に重蔵が出入りするが,それとなく重蔵の改め方の仕事を手伝うと,島津の隠居の悪戯と思われる抜け荷,唐人屋敷を舞台に九州各藩がやっている不正の臭いが漂う〜シリーズ第四作で舞台は長崎に・・・大きな事件はなく,今のところは捨て置いても良い程の些末な事が綴られる。新聞で読んだ広告では,長崎編2で完結するとのことだが,果たしてその行き先は? 嫁盗みとはこの地方の風習で,オランダ人とは無関係。中一弥の装画の出来が悪い

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

逢坂剛

1943年東京生まれ。80年『暗殺者グラナダに死す』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。86年に刊行した『カディスの赤い星』で直木賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。2013年に日本ミステリー文学大賞、15年には『平蔵狩り』で吉川英治文学賞を受賞。「百舌」シリーズや「長谷川平蔵」シリーズなど著作多数。

「2022年 『ブラック・ムーン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逢坂剛の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×