天上のシンフォニー

著者 :
  • 講談社
3.95
  • (8)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062133784

作品紹介・あらすじ

2011年、ロンドンで、中山悟は旧友クレアと5年ぶりに再会した。「あなたは特別な人よ」と告げた彼女は、しかし3日後に遺体で発見され、悟も何者かに追われ始める。地球の運命が託された壮大な計画が動きだした。イギリス、インド、フランス、日本、イスラエル、アメリカ、エジプト、ケニア、香港、ペルー、アマゾン、さらには宇宙空間、アトランティス大陸、そして未来の地球へと想像を絶する旅を続けながら、悟は、国籍も人種も違う6人の仲間と出会い、地球の隠された真実を思い出していく。愛と真実は、絶望と疑いを超えて、21世紀の人類に何をもたらそうとしているのか。人類はアセンション、意識の進化を遂げることができるのか。ウェブ版完売の噂の小説、ついに解禁。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつか、もう一度読みたい

  • 栃木などを舞台とした作品です。

  • プレブックが出来たとき、真っ先に買って、夢中になって読んだ本。
    来るべき2012年…確実に近づいてくるその日に向かって…。
    なんだか、世の中、この小説の通りになってきている気が?
    これからの心のあり方、過ごし方が重要だな、と思った1冊。

  • スピリチュアル・アドベンチャー・ノベルであるこの本は、善と悪がスピ系の力で対立する。ピラミッドの石と仲間探しを中心にして、謎解きと騙し騙されるストーリーが展開していく巡るめく万華鏡みたいだ。クライマックスで、オーラの力を駆使して、戦いあうシーンにわくわくした。スピード感があって、とても面白い。スピ系が好きなひとで、専門書でなく、物語を求めている方にお勧め。

  • 小説として面白かった。色々な宗教観や世界観をここまで1つの物語として纏め上げたのはすごい。

  • 最先端(?)のスピリチュアリティの情報を凝縮したような作品。勉強になります(笑)

全8件中 1 - 8件を表示

天上のシンフォニーのその他の作品

天上のシンフォニー Kindle版 天上のシンフォニー 伯宮幸明

伯宮幸明の作品

ツイートする