四大帝王を直撃! 偏愛ワイン録

著者 :
  • 講談社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062134347

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 242

  • 「ワイン」と言えば「金持ち」なイメージを持つと思うが、それをキレイに茶化してくれた1冊。自任するようにどこの団体からもヒイキされないのでヒイキをすることもなく中立な立場が貫ける。
    その中立性以上にワインの世界を見る視点や表現が庶民的で多くの人に共感を得られるだろう。ジビエやコックオーヴァンと言ったフレンチよりたこ焼き、お好み焼き、阪神タイガースに共感を得る人にはおすすめ。ワインの知識はある程度あった方がより楽しめると思う。

    四天王へのインタビューも非常に面白く仕上がっている。おっちゃんたちのクドいしゃべり方は他のワイン雑誌では書かれないような鬱陶しさを持って書かれている。それがまたリアリティがあるのだ。そうそう、おっちゃんってこんな感じだよ。

  • こんなにわかりやすく面白いワインの本があって良いのか?
    いいんです。ワインは、しかめ面で飲むより、笑いながら楽しく飲みたいんだから、ほらそこ。だれもあんたの薀蓄なんて聞いてないよ。(笑)
    ワインを飲んできて20年以上になるけど、底辺に浸透してきたと思うのはこういう本が、こういう作者がでてきたことだね。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

エンジニアリング系の本業のかたわら、シャンパンとブルゴーニュを偏愛するワインライターとして活躍。日本で初めて、ワインの世界にコテコテの笑いを持ち込むという快挙をなし、1日1本半、年間バスタブ1杯分のワインを飲む。
著書に『偏愛ワイン録』『クイズでワイン通』『クイズ ワイン王』(講談社)、『30分で一生使えるワイン術』(ポプラ社)、『辛口/軽口ワイン辞典』(日経BP社)など。

「2014年 『今夜使えるワインの小ネタ 知ればおいしい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

葉山考太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×