外交敗北−日朝首脳会談と日米同盟の真実

著者 :
  • 講談社
3.54
  • (5)
  • (13)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062135054

作品紹介・あらすじ

日本人よ、外交の失敗を看過できるか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ミスターXとの交渉は外交放棄であった。外交官は嘘をついてはいけない。工作機関は相手をだますのが仕事。北朝鮮を取材し続けてきた著者の渾身の1冊。小泉・安倍を手放しで賞賛しているのが少し共感できなかった。

  • ストレートなタイトルでして。
    対北朝鮮への積年の外交問題を
    著名ジャーナリストが丹念に描く。

    小泉を真正面から評価してる
    ジャーナリストは珍しいので新鮮。
    且つダメなところはキッチリ批判、でも時々根拠不明。笑

    文章にクセがあって句読点が多いのと、
    おんなじことの繰り返しで本としては難点アリだが、
    北朝鮮を論じる上で良心的で秀逸な良書。

    「拉致はない」などと言い張った政党はどこか。
    拉致被害者を北朝鮮に引き渡そうとした政治家は誰か。
    そこから被害者を救い出したのは、一体誰だったか。

    その事実を我々は、決して忘れてはならない。

  • 2009年の27冊目。

  • 0607

  •  読んでるうちに「呆れ」「怒り」「恐ろしく」なってくる。
     利権に群がる政治屋、国際感覚のない外務省、国民をミスリードするマスコミ。
    結局、崩壊寸前の北朝鮮の謀略に翻弄されるわが国ニッポン。安部さんが日本版NSCを立ち上げようとする意図が分かるような気がする。(まだ胡散臭いけど)
     しかし、反省すべきはわが身でしょう。拉致問題を軽く見ていたのも確か、そして安穏とマスコミの情報を受け入れてたのも確か。
     最後に作者は希望を見出してくれる。こんな状態で「日朝国交正常化」を阻止したのは、他でもない我々世論の力。やればできるやん、ニッポンジン。
     しっかりと情報を自分のオツムで取捨選択して、何が真実かをしっかり見極める力が必要やね。
     3ヶ月タダで洗剤も付くからって安易に新聞を選んでたらあかんね。まぢで。

  • 北朝鮮に合わせて原則を歪めた交渉をすると「敗北」するという話が具体的な例で説得力を持って書かれています。そうだったの!? 知らなかったという話も多く面白くてトントン読めた。

  • 日朝の平壌宣言についての実話。
    途中ミスターXが出てくるまで、同じ話が何度も出てきて退屈・・・ページ数半分くらいに出来るんじゃないの?って思うくらいorz
    日本の外交のダメさ加減を知るには良いと思います。

  •  北朝鮮利権に関係していない自民党高官は、小泉、安倍、高村のみである……ゾッとした。この言葉がもし本当なら、私の好きな麻生太郎外務大臣はどうなのだろう……?
     重村氏とは日米同盟に対して価値観が違うし、大東亜戦争に対する考え方も違うけれど、こんなに調べられるのは愛国の思いがなせるからだと思う。そしてジャーナリストとしての正義感がそうさせるのだと。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1945年生まれ。早稲田大学卒、毎日新聞社にてソウル特派員、ワシントン特派員、論説委員を歴任。拓殖大学、早稲田大学教授を経て、現在、東京通信大学教授。早稲田大学名誉教授。朝鮮報道と研究の第一人者で、日本の朝鮮半島報道を変えた。著書に『外交敗北』(講談社)、『日朝韓、「虚言と幻想の帝国の解放」』(秀和システム)など多数。

「2021年 『絶望の文在寅、孤独の金正恩 - 「バイデン・ショック」で自壊する朝鮮半島 -』 で使われていた紹介文から引用しています。」

重村智計の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×