夏のしっぽ

著者 : 前川麻子
  • 講談社 (2007年2月1日発売)
2.76
  • (0)
  • (3)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062138239

夏のしっぽの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2007.5.26読了。<br>
    もうちょっと刺激的なものかと思ったけど、そうでもないお話でした。<br>
    8つの短編の中でも、タイトルになっている『夏のしっぽ』はちょっと驚きな内容。昔の恋人と自分の母親が結婚するなんて、考えられませんものね。<br>
    考えられないの前に、やさぐれますって。<br>

  • 夏の終わりが近づいたのでタイトルに「夏」が付く本を選んだ。官能小説か思った。女性が書いた方がとエロいかも。

  • 妙齢の女子には痛い話が多い。全体的に読みやすいものだった。

  • うーむ。もう次はいいや。

  • 表紙と題名に惹かれた。

  • 生々しかったな。あんまり好きじゃないけど、でも、まぁ、好きな部分もあったり。

  • 短編集。
    夏のしっぽ/宴の夜/下田のモーツァルト/三が日/
    故郷の女/千代に踏まれて/金の朝/つるかめ

    たまたま目について気になり。
    描写が・・・生々しい。ねっとりくる感じ。
    出てくるのがおばさん・おっさんが多いからかしら。
    なんだか冷めた目で「哀しいなぁ。。」

    そうだ!思い出した!!
    この方の台本を高校時代に見たことがあったんだ。

  • 図書館にて。
    相変わらず痛い小説を書く人だけど、毒々しい…。
    後、小説現代に連載していたせいかもしれないけど、
    とってもエロかったです…。

  • 2008.06.26. うーん、なんで読みきったんだろうな。。。ジャンル的には、官能小説ですか。なんか気持ちがベッタベタしてる人が多い。

  • 前川さんの作品なので、もっと明るい方向で色っぽいのかな、と思っていたのですが。妙になまなましい感じがあまり受け入れられなかったです。(2007/11/28読了)

全11件中 1 - 10件を表示

前川麻子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夏のしっぽはこんな本です

ツイートする