天山の巫女ソニン 2 海の孔雀

著者 : 菅野雪虫
  • 講談社 (2007年2月27日発売)
3.97
  • (45)
  • (62)
  • (47)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :285
  • レビュー :60
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062138338

天山の巫女ソニン 2 海の孔雀の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で KiKi が真っ先に訪れるのは「児童書」のコーナーです。  カラフルな本が多い中、このシリーズが目を引いたのは白地に銀色の文字というシンプルさがあったように思います。  そして表紙の絵もそのシンプルさを後押しするかのように水墨画を思わせるモノトーン。  図柄はアジアン・テイストとなかなかに魅力的なものがありました。  とは言え本の場合大切なのは中身です。  最低限の情報を得ようと表紙を開いてみると、扉部分にある解説に KiKi を食いつかせるに足るキーワードがありました。

    巫女  三つの国  落ちこぼれ  新しいファンタジー

    この中で KiKi の関心を最も引いたのが「落ちこぼれ」です。  と言うのも KiKi はここLothlórien_Blog を開設する前、「落ちこぼれ会計人の独り言」、「落ちこぼれ会計人の Music Diary」、「落ちこぼれ会計人の本棚」という3つの Blog を運営しており、長らく「落ちこぼれ会計人」というハンドルネームを使っていたからです。  で、「落ちこぼれ」という文字を見た瞬間にこの物語の主人公ソニンのことがもはや他人とは思えず、ついつい借り出すことにしてしまったという訳です。

    このシリーズは全5巻、外伝を含めると7巻が発刊されているようで、図書館でも本編5巻が並んで書棚に鎮座していました。  思い切って5巻まとめて借り出そうか?と思いつつも、万が一つまらなかった時のことを考え、とりあえず3巻を、貸出上限5冊のうち残り2巻は「都会のトム&ソーヤ」(こちらは評判がいいというただそれだけの理由で)を借りてきました。

    さて、読み始めてみるとこれが期待以上に面白い。  そもそもソニンが修行していた天山の巫女の数が12人と聞けば何気に「十二国記」を思い出すし、ソニンが仕えることになった沙維の国の王子が7人で、謀略により燕になっちゃうあたりでは何気にアンデルセンの「白鳥の王子」を思い出すしとそこかしこにデ・ジャ・ヴ感を漂わせながらもオリジナリティがあるのが読んでいて楽しかったです。

    わかりやすい勧善懲悪な物語・・・・・となりそうなところを、ベースは勧善懲悪なんだけど、脇役たちもそれぞれの立場から善いことも悪いこともするあたりが結構気に入りました。  と同時にソニンのお父さんの言葉や悪役のレンヒ(彼女も実は落ちこぼれ天山巫女だった)の言葉がなかなかに深くて、唸らされます。 

    主人公のソニンは12年間も巫女修業ということで一般人とは隔絶した環境で育った割には、色々な物への順応力が高く、同時に巫女になるためには情に流されてはいけないという教育を受けてきたが故に、普通の人間社会で起きる様々なことにどこか淡々としている印象です。  でも決してしらけているわけではなくて、身の回りで起きる様々な出来事に対し、激しい拒絶・偏見もなければ極端な思い入れも持たず、常にある種の「ぶれない視点」を持って対峙している・・・・そんな印象で、設定年齢よりはどこか落ち着きを漂わせています。  そういう意味ではこのシリーズ5冊の中でどんな風に成長していくのか楽しみでもあります。 

    「落ちこぼれ巫女」という設定の割にはソニンには暗さがなく、自分のあるがままを素直に受け入れ、その時々で自分が置かれている立場で、自分に考えられる最善を尽くす姿が好印象です。  自分に与えられた環境の中で最善を尽くすというのは簡単なようでいて実はかなり難しく、同時にそれなりの知性が必要となる行いであることをさりげなく語っている物語だと感じました。

    さて、主人公のソニン以上に気になる存在が、彼女が下野して最初にできた友人という設定のミンです。  働かない父親、早くに亡くした母、自分が面倒を見なければならない弟という環境の中で、必死に生きているミンはある意味で普通とは言えない環境ばかり(天山然り、王宮然り)で暮らしているソニンと一般人を繋ぐパイプ役のようなところがあり、彼女自身がソニンと知り合ったことにより堕落からは免れたようなところもありで、この先も気になる存在です。

    派手なアクションも強力な魔法もない物語だけど、そうであるだけに逆にある種のリアリティを醸し出すことに成功しているファンタジーだと感じました。  登場するのが3国だけ(?)なので、物語がどこまで広がるのか?は現時点では不明ですが、楽しみにシリーズ全巻を読んでみたいと思わせる作品になっていると思います。

  • 【図書館本】イウォルとクワンがどちらも思ってたよりヒドい人間でちょっと驚いた。けどラストはソニンと一緒に成長してめでたしめでたし。
    姉と側近の結婚が早かったのにも驚いた。いいのかほんとにw
    ソニンもだけど、ミンが良い子すぎて泣ける。これから彼女にも苦難が待ち受けているだろうけど、頑張ってほしい。……ソニン以上に。

  • いろいろな人と出会って、関わり合っていく過程で、傲慢さや、理不尽さや、優しさや、勤勉さに、気づいて思いを巡らせていくところがとっても面白かったです。なんつっても、ソニンがとてもいい子だ!
    わたしには、これくらいはっきり書かれたほうが理解しやすいのか凄い面白かったです。
    登場人物の台詞や動作、背景で、その時の感情を推し量らなくても、主人公のソニンが全部代弁してくれている。わからないところも、全部言葉にしてくれているところが、読んでて楽でした(笑)。

  • 2017/11/30

  • タイトルの孔雀は、言わずもがなクワン王子のことですね。
    今回は江南の国が舞台でした。今回もよくできてやがる・・・リアン王女の設定そうきたか~とか、ミナ王妃の天真爛漫な邪悪さ、怖いですね・・・。
    イウォル王子の成長も楽しみ。

  •  隣国のお家騒動に巻き込まれます。

     王子でいるのも大変ですね。外からは華やかに見える王宮も、お金と陰謀に満ち溢れている。人として、如何に生きるかでしょうか。

  • 今回は隣国江南に留学したイウォル王子とソニン。援助されている国なのに、豪華絢爛な城。あまり豊かではない庶民。王妃が一言漏らすだけで、上手く物事が進んだことを、ただ運がよいことでよかったとだけ思い、自分の影響力の大きさを考えない王妃。立場が違えは、見える景色は変わる。周りの立場になって思いやることも大事だと伝えてくれる。欲を持たずに生きてきたソニンは、自分で決断することは苦手だか、最後自分のために知らず決断できていたことがよかった。

  • 2016.12.25
    塩が大切。
    江南に王子とともに出張。
    2か月の間にいろいろな性格の人に出会う。
    そしていろいろなたくらみに。
    リアンに成り代わっている作戦は痛快。
    王妃の冷酷な、というより無自覚な性格が恐ろしい。
    村一つを壊滅させて、私は運がいいとほざく。ありえない。
    ユナとイルギの婚礼、そうだったのね。
    彩雲国物語っぽい。

  • 落ちこぼれの元天山の巫女ソニンが、沙維のイウォル王子とともに、隣国「江南(かんなむ)」のクワン王子に招かれ、江南に留学する。

  • 20160429

全60件中 1 - 10件を表示

天山の巫女ソニン 2 海の孔雀のその他の作品

菅野雪虫の作品

ツイートする